アドレスホッパーのサービス会社や料金、オプションまとめ!|天才かも?

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

「住む」ということは、

部屋を借りたり、家を建てたり、

特定の場所に「定住」するのが

当たり前のように思われますが、

最近は、特定の場所に定住せず、

「定額制で全国住み放題」というサービスを

利用する、いわゆるアドレスホッパー(多拠点生活者)

人口が、若年層を中心に

ジワジワと増えているそうです!

かなり斬新・新しいライフスタイルですよね!

サービスを展開している会社や、

気になる利用料金、

他企業とのコラボによる便利なオプションなども

調べてみました!

外出自粛ムード一色の日本ですが、

見れば見るほど、出かけたくなっちゃいます^O^

スポンサードリンク

アドレスホッパーのサービス会社は?

全国各地に自由に住めるシェアルームを

定額制で利用できる会社はいくつかあるようです。

アドレス(ADDress)
  • 2019年4月創業
  • 全国に約30拠点のシェアハウス所持
  • ウェブサイト:https://address.love/
クロスハウス
  • 2007年創業
  • 東京都内中心に200物件
  • ウェブサイト:https://x-house.co.jp/

他にもあるかもしれませんが、

調べてみたところ、この2つの会社が

比較的知名度が高いようです。

「クロスハウス」はほぼ東京都内中心

シェアハウス展開のようですので、

「全国各地に自由に住める」という意味で、

アドレス(ADDress)という会社の

料金やサービスを中心に

見ていきたいと思います^_^

スポンサードリンク

アドレスホッパーサービス「アドレス」の利用料金は?

「アドレス」が昨秋、京都にある築60年の
元学生寮を
リノベーションした物件
(出典:https://www.jutaku-s.com/)

【すべて個人会員の情報です。法人は別料金・規約があります】

料金(税別)
  • 年会費 480,000円(40,000円/月)
  • またはお試し月会費50,000円
    (長期的な契約を前提としているため、基本の契約期間は1年となっているそうです。2ヶ月前通告で解約可・違約金なし)
水道光熱費
ネット回線料
  • 年会費に含む
基本的な設備
その他
  • Wi-Fi完備
  • 家具、水回り機器、家電など、生活していくための設備
  • 清掃は利用する会員自身が行う(管理人がチェック)。
その他
  • 会員登録時に保証人不要
  • 2親等以内の家族またはパートナーは1名に限り同伴可

「アドレス」社のサービスでユニークなのは

年会費会員は、権利として

希望する拠点に住民票の登録が

可能だそうです!

郵便物の受け取りもできるとのこと。

全国各地を旅して、気に入った場所に

住民登録ができ、住民税も支払えるのは

便利ですね!

南房総のシェアハウス
(出典:https://address.love/)

会員になるためには、「アドレス」のウェブサイトから、

本人確認書類を用意して会員登録。

支払いはクレジットカード決済のみです。

スポンサードリンク

「アドレス」社、アドレスホッパー向けに航空会社とのコラボも!

(出典:https://address.love/)

「アドレス」社は、今年2月から

大手航空会社のANAとコラボで

「航空券定額制サービス」を始め、

4月からはさらに充実させていくそうです。

こちらはオプション料金になりますが

「アドレス」の会費に加え、期間別に

1ヶ月(4万円/月)、

2ヶ月(3.5万円/月)、

3ヶ月(3万円/月)をプラスすることで

月に4便の国内線チケット(路線指定あり)

利用できるそうです。

利用者は数千人!試してみたいアドレスホッパー^_^

近年はネットがビジネスの

インフラとして定着してきて、

クラウドソーシングなどを利用して

リモートワークをなりわいとして

仕事をする人も増えてきました。

一昔前と、そして今も大多数の、

「仕事のために会社に行かなければならない」

人たちとは、違った働き方、ネット環境さえ

あれば、どこでも仕事をすることが

できる人にとっては、

全国各地を自由に旅しながら暮らせる

アドレスホッパーは魅力だと思います^_^

家族がいたり、子どもがいたり…だと

現実的に難しいかもしれませんが

若年層のフリーランサー・クラウドワーカー

だけではなく、子育てが終わった

シニア世代が、全国を旅するように暮らしたり

ファミリーで週末は別荘感覚で利用するというのも

大いにありかもしれません。

今後はもっと利用者や、サービスを

提供する会社が増えていくかもしれません!

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする