せかほし・フランスの石のキャンドル(シールトゥルドン)が欲しい!注文・買えるのはどこ?

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

12月17日放送の「世界はほしいモノにあふれてる」✨

特集は「クリスマス直前・心を温める

キャンドルを求める旅」です🎄

フランス在住の照明デザイナー・

石井リーサ明理さんが、フランス中の

心癒される素敵なキャンドルを

紹介します🕯

番組予告で、ひときわ気になるのが、

フランスの老舗キャンドルメーカーが

生み出したという、“石のキャンドル”です!

https://www.instagram.com/

幻想的な光を放つ、

このキャンドルの正体は?!

この記事では、

「せかほし」で紹介される「石のキャンドル」とは?

「せかほし」の「石のキャンドル」はどこで注文・買える?

…などをまとめてみました^_^

せかほしで紹介される「石のキャンドル」とは?

せかほしで紹介される、

この「石のキャンドル」は、

創業1643年・フランス最古の

キャンドルメーカー・

「シールトゥルドン」が、

これまでのガラス容器に代わり、

乳白色の鉱石・アラバスター

容器に使用し、2020年秋に発売した新シリーズ

「THE ALABASTERS(ザ・アラバスターズ)」です。

https://trudon.com/

柔らかく、加工がしやすく、

独特の美しい乳白色の鉱物・

アラバスターは、古来から

彫刻やレリーフ、

ランプシェードなどにも

使われてきました。

Wikipediaより)

メーカーのシールトゥルドンでは、

この「石のキャンドル」アラバスター

製造する工程をYouTubeで公開しています。

アラバスターの原石の塊から、

職人達がひとつひとつ

内側からのキャンドルの光を確かめ、

キャンドルの光を輝かせる

アラバスターという素材の持ち味を

MAXまで美しく仕上げています!

アラバスターを容器に使った

キャンドルの最高峰・

最大限の美しさを確かめるように、

丁寧に作り上げる様子が素晴らしい。

せかほしスタッフが思わず

じっと見入ってしまったという

まさに究極の光

アラバスターという素材、

シールトゥルドンのセンス、

そして彼ら職人たちの手

うまれるものなのでしょうね✨^O^

スポンサードリンク

せかほしの「石のキャンドル」はどこで注文・買える?

こんな素敵なキャンドルを見せられたら、

欲しくなってしまうのが人の性、物欲!^m^

このアラバスターキャンドルが

どこで買えるか、注文できるかを

調べてみました!

シールトゥルドンのキャンドルを

輸入・販売しているショップは多いのですが

今年(2020年)秋発売の新商品の

ためか、どこも取り扱いがなく、

メーカーから個人輸入はできないか?

調べてみましたが、発送方法の

ページがNot Foundで、

購入方法を突き止めることは

できませんでした…


メーカー公式サイトの発送に関するページ…
残念!!!

スポンサードリンク

「石のキャンドル」は、日本未発売の模様……!

幻想的なゆらめきの

シールトゥルドン・

アラバスターシリーズのキャンドル。

手に入らないとなると、ますます

欲しくなってしまいますね^_^;

【追記】
個人輸入が可能なサイトが
見つかりました!

「せかほし」も、ニクイ商品を

紹介してくれるものです!

「せかほし」紹介のニクイ“欲しいもの”には
こんなものもありました!ほしいなぁ……^m^

2021年1月14日放送はスリランカのほしいモノ!
スパイスとハーブを贅沢に使った
色とりどりの石けんは手に入る?!

こんな記事も書いています

アラバスターキャンドルは

2020年秋発売されたばかりの新商品。

また、日本にはシールトゥルドンの

キャンドルを正規輸入している

ショップがいくつかあるようなので

いずれ日本に輸入されることも

あるかもしれません!^_^

「せかほし」を見て、欲しくなって

しまった方は、遠からず日本に

輸入・販売される日を首を長くして

待ちましょう^O^

わたしも欲しいです!

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする