写真有・安藤美姫二の腕が太すぎヤバい!アンチの多さは性格?|採点したがる

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

『あら、この人久しぶりに名前見たな…』と

思った、元フィギュアスケーターの安藤美姫さん(31)。

「有吉と採点したがる女たち」に出演されます。

去年にも同じ番組にでて、

同様に視聴者をザワつかせたそうですが、

安藤美姫さんの二の腕が太すぎ

番組予告も頭に入らないほどでした…

スポンサードリンク

安藤美姫さんの二の腕がヤバい…太すぎ、、、

目が釘付けになった、

安藤美姫さんの二の腕写真…

え???(   Д  )  ⦿ ⦿ 

腕、太くね?!

(すべて出典:https://tv.yahoo.co.jp/)

司会の有吉さんの、スーツ越しの

二の腕よりぶっといように見えます…

これでノースリーブを着てしまうのも凄い…

安藤美姫さん、去年の10月にも

同じ番組に出演して、やはり剛腕

披露して、見ていた人をザワつかせましたが…

(↑去年出演時の写真↓)

(出典:https://twitter.com/)

腕だけでなく、全身がずいぶんと

ふくよかになったような気がします…

ストンとした衣装で体型を隠しているようにも

見えますが、去年の黒いドレス姿は、

背中から脇のお肉が衣装にムチッと

乗っかって、う〜〜〜ん……という印象。

共演の女性たちが皆モデル体型なので

なおさら体型が際立ってしまうようにも

思いますが、レスリング選手の腕のよう…

ちなみにこちらは公式ブログの写真…↓

(出典;https://ameblo.jp/andomiki-official/)

ま、まぁ、2013年にフィギュア選手は引退、

第一子も授かっているから、

体型が変わっても、ある程度仕方がないこと

ですが、引退後もメディアでタレント活動を

継続、プロスケーターとして活動もしている

そうですから、もう少し絞ったほうが、より美しいのでは

と思うのは、老婆心でしょうか???

シロウトキャラは今更無理ですし、

ぽっちゃりキャラで今後のメディアでの活動を

見据えていらっしゃるんでしょうか…

スポンサードリンク

安藤美姫さん、「二の腕スッキリエクササイズ」も指導してるのに…

二の腕が急成長の安藤美姫さんですが、

なんと!美容雑誌「美的」のオンラインサイトで

「ぷるぷる二の腕をスッキリ!

安藤美姫が教える“チューブでしっかり刺激”

二の腕エクササイズ」という特集で、

安藤美姫流「二の腕エクササイズ」

披露しています……

(出典:https://www.biteki.com/)

特集では、曰く、

「ポイントは、『大きい筋肉をつけない』こと。

ムキムキとした筋肉ではなく、

しなやかな筋肉をつけるように

トレーニングすることで、

健康的で女性らしい印象になります」

……とのことですが……

う〜〜〜ん、確かに健康的ですね…

むちっとしていて…

(“しなやかな憧れ美ボディ”?…かどうかは置いといて)

ジムのインストラクターのお姉さんのほうが

よほど美ボディのような気がします、、、

「美的」さん、ちょっとこの人選は

どうだったのかなぁ……???と

個人的に思ってしまいましたが…

スポンサードリンク

安藤美姫さん、アンチが多い理由は性格のせい?

安藤美姫さんといえば、現役時代も

引退後も現在も、アンチが多いことで

有名ですよね。

同時期に活躍した、浅田真央さんとは

対照的なような気がします。

引退後、バラエティ番組に出演しては、

タメ口で共演者に文句をつけたことで

SNS上に視聴者から、

「性格が悪い」

「テレビなんだから言い方ってもんがある」

「負けず嫌いというよりただの文句つける

性格悪いやつにしか思えない」……

等の、批難がゴウゴウ。

私生活でも、インスタに子どもと旦那との

顔出し3ショットを公開したことで

父親の素性を明かさないことや、

安易に子どもの顔を晒した不注意を

なじるコメントで炎上して、

バッシングの嵐になりました。

(出典:https://girlschannel.net/)

個人的に、性格が悪いというより、

「自由な人だなぁ…」という印象です。

数年前にベストセラーになった本、

「嫌われる勇気」の帯にあった

「自由とは、他人から嫌われることである」

…を、そのまんまを地で行ってる人

という気がします。

アンチが多かろうと、バッシングされようが

安藤美姫さんは「わが道を行く」

人なんでしょうね。

強くたくましい人だと思います。

二の腕も相当たくましそうですが…f^_^;;;

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする