カフェけやき(埼玉比企郡川島町・関口兄弟)の場所や行き方は?評判は?人生の楽園

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

5月8日放送の「人生の楽園」では

築約240年の実家をリノベーションし

喫茶店・ギャラリー・教会としてオープンさせた

関口進さん・関口智巳さん兄弟の

「カフェけやき」が紹介されます。

この記事では、カフェけやきの場所(行き方)や

カフェけやきについて、お店の評判などを

まとめてみました。

スポンサードリンク

カフェけやきの場所や行き方は?

カフェけやき
住 所 埼玉県比企郡川島町中山2053
電 話 049-299-8552
営業時間 11:00~17:00
定休日 日曜日・月曜日・年末年始
※月曜日が祝日の場合は営業日となり翌日がお休み

カフェけやき 店舗外観
https://www.google.com/maps/

【カフェけやきへのアクセス】

●車
圏央道「川島IC」より約1分。東松山方面254号、ひとつ目の信号を左折、案内看板を
目印に左折し、約300m。駐車場ございます。

●公共交通機関
東武バス川越駅より「東松山駅」行、「八幡団地」行乗車約30分。
停留所「中山」下車徒歩5分。

スポンサードリンク

カフェけやきとは?

カフェけやき・関口進さんと関口智巳さん兄弟
https://www.tv-asahi.co.jp/

カフェけやきは、関口進さん(72歳)と

関口智巳さん(67歳)の兄弟が、

ご実家を改築し、オープンした

カフェ&ギャラリーです。

改築したご実家は築約240年の古民家で

店名にもなっている、けやきの立派な

梁を持つ建物で、お二人が定年退職を

迎える頃には、朽ちていく一方の

状態だったようです。

小学校の教師だった兄の進さんの

定年退職後の夢は、ご自身がクリスチャンで

あることから、『牧師になって教会を開くこと』

弟の智巳さんは元警察官、退職後は

『カフェを開きたい』という夢を持って

いたそうです。

実家の古民家を残し、更に、定年退職後の

兄弟の夢を叶えるため、「日曜日は教会に、

他の日はカフェに」することを目指し、

ご実家をリノベーション。

見事な梁を残し、素晴らしい空間に

生まれ変わりました。

カフェけやき・店舗内観
https://www.google.com/maps

カフェのオープンは2013年5月。

通常は主にカフェや

ギャラリースペースとして運営。

カフェけやきのステンドグラス
https://www.google.com/maps/

兄の進さんは、通信制の

プロテスタント宣教神学校に入学・卒業され、

「カフェけやき」は毎週日曜日14時には

「川島チャペル」となり、牧師としての

第二の人生の夢を叶えられています。

スポンサードリンク

カフェけやきの評判は?

カフェけやきでは、弟の智巳さんが

淹れる10種類以上のコーヒーと、

智巳さんの奥様の恵子さんと

兄の進さんの奥様の真理さんが作る、

昔ながらの喫茶店メニューが好評で、

古民家の雰囲気と相まって、

心地の良い空間が好評のようです!

カフェけやきを利用された方の

レビューをいくつか引用させて頂きます。

「古民家を改築した趣のある店内は、インテリアも木目調で揃えられており、自然の温もりを感じることができます。 店内に静かに流れるBGMが心地よく時間の流れが遅く感じられ、いつまでもコーヒーを飲んでいたくなるような気持ちになります。

最高の喫茶店です。 オーナーのおじいさんが優しく迎えてくれて丁寧なサービスをしていただけたり、お店の古民家を改築した綺麗な統一された内観もGoodです。」

「外観は今風に改装されていますが、入り口を入った瞬間、木の温もりが感じられる落ち着いた空間が迎えてくれます。」

「お店の雰囲気、コーヒーの美味しさ等、全てが二重丸のお店です。」

「奥の部屋にはバイブルもありますし、ステンドグラスもきれいなので、神様がいらっしゃるようです。

GoogleMapsのレビューより)

スポンサードリンク

カフェけやきについて調べてみて

「人生の楽園」で紹介される、

埼玉県川島町のカフェけやきについて

調べてみました。

古民家をリノベーションしてカフェに
生まれ変わらせた、こちらの「楽園」にも
ご注目!

築約240年の古民家の梁や柱を

眺めながらの空間は、時間がゆっくりと

流れていきそう…コーヒーも美味しそうですし

ぜひ足を運んでみたいですね!^O^

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

フィング・Zucks・ISE
Ciqua

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする