チャンホン(台風14号)は何語で意味は?予想進路は?日本語の台風名もある?

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

また台風が近づいてきましたね…(-_-;)

現在日本に接近中の「台風14号」の

台風名は「チャンホン」で、

ネットでは

「なんだよそのチャンポンみたいな名前!」

と、長崎名物のチャンポンと、

空耳ならぬ空目をする人が続出^_^;

「美味しそうな名前」
「長崎直撃待ったなし」
「リンガーハット?」
「15号はタンメンかな〜」

など、大喜利状態にもなっています。

この台風名「チャンホン」は

何語で意味は何なのでしょう?

今後の予想進路は?

また、この名称は明らかに

アジア系の名称ですが、

日本語の台風名も

あるのでしょうか?

調べてみました。

スポンサードリンク

台風名「チャンホン」は何語で意味は?

どことなく、中国語か韓国語???

…かと思わせる、台風14号に

つけられた台風名「チャンホン」は

ラオス語で、意味は樹木の「ビャクダン」

だそうです。

ビャクダン(白檀)といえば、

お線香やアロマオイル(サンダルウッド)の

香りでおなじみですね^_^

チャンホン(台風14号)の進路は?

10月7日午前時点での

チャンホンの予想進路ですが、

強い勢力で明日大東島に接近。

関東では秋雨前線の北上の

影響で、今夜から雨になる

見込みです。

https://weathernews.jp/s/topics/202010/070055/

「チャンホン」は進路の予想が

難しく、予報円も大きく

なっています。

強い勢力の台風とのことで

予報円にかかる地域では

念の為の対策をする必要も

ありそうですね…

スポンサードリンク

日本語の台風名もある?

日本では台風には“14号”などと

数字で名称をつけていますが、

国際的な名称として、ひとつひとつに

“台風名”がつけられています。

終戦直後から1999年までは

英語名が使用されていましたが、

2000年からは、日本を含む

アジア各国が加盟する

「台風委員会」が制定したアジア名

使用されています。

加盟国14ヵ国がそれぞれ10個ずつ

台風名を提案し、全部でアジア名の

台風名は140個あり、日本も加盟しているので

日本語の台風名もあります!

日本語の台風名は

『コイヌ』『ヤギ』『ウサギ』『カジキ』

『カンムリ』『クジラ』『コグマ』

『コンパス』『トカゲ』『ヤマネコ』

の10個で、どれも星座の名前から

来ているそうです。

台風のアジア名は、加盟国のアルファベット順に

カンボジア → 中国 → 北朝鮮 → 
香港 → 日本 → ラオス → マカオ → 
マレーシア → ミクロネシア → フィリピン 
→ 韓国 → タイ → アメリカ → ベトナム

に使われ、これの繰り返しに

なるそうです。

現在接近中の台風14号「チャンホン」は

ラオス語なので、その直前の台風13号は

日本語名だったはず……調べてみましたら

「クジラ」でした。

https://weathernews.jp/s/topics/202009/260225/

日本から離れた場所での発生で

日本には影響がなかったので

あまり注目はされなかったようですね^_^;

接近中の「チャンホン」、

あまり大きな被害をもたらさない

ものであることを願いたいです。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする