クラシック節は通販で!金七商店お取り寄せ方法まとめ(瀬崎祐介・プロフェッショナル)

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

3月16日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」では、

農林水産大臣賞も受賞、キロ3万3千円の

値段がついた、日本一の鰹節を作る

鹿児島県枕崎の「金七商店」四代目の

瀬崎祐介さんに密着!

金七商店で、クラシック音楽を

聴かせながら製造する“クラシック節”

国内のみならず、世界の名だたる

三ツ星シェフをも魅了しているそうです!

この記事では

金七商店のクラシック節の通販お取り寄せ方法は?

「クラシック節」とは?

金七商店について

…などをまとめてみました。

スポンサードリンク

金七商店のクラシック節の通販お取り寄せ方法は?

クラシック音楽を聴かせながら作るという

独特の「クラシック節」をはじめ、

金七商店の商品はオンラインショップから

通販・お取り寄せが可能です。

金七商店オンラインショップ(←クリックでショップサイトへ)

塊のままの鰹節から、削り済みの

鰹節、削り器、ギフトセットまで

取り揃えられています。

白ごはん好きの方への贈り物にも

好適品ですね!^O^🍚

直接店舗で販売しているところも

ありそうですが、詳しい情報がなく

わかりませんでした。

購入にはオンラインショップの

利用がベストかと思われます。

スポンサードリンク

「クラシック節」とは?

https://www.instagram.com/

金七商店の「クラシック節」は

製法自体が昔から伝わる

伝統的(クラシック)な製法で

あるだけでなく、途中の「カビ付け」で

倉に貯蔵する際、

クラシック音楽(特にモーツァルト)

聴かせて、発酵を促進させて

作られています。

カビ付けをして発酵させることで、

鰹節の水分をカビがぎりぎりまで

取り除いてくれ、たんぱく質を

うま味成分に変え、脂質も分解されるため

クラシック節でだしを引くと、

綺麗に澄んだ色とうま味を

兼ね備えただし汁がとれるとのこと。

この「カビ付け」の工程を経て

作られる鰹節は「本枯節(ほんかれぶし)」

呼ばれ、カビ付けをせずに作られる

鰹節は「荒節(あらぶし)」と呼ばれる

そうですが、一般に流通している

鰹節のほとんどは、後者の「荒節」。

本枯節の鰹節を作る会社は、日本全国でも

20社もなく、流通量は非常に少ないそうです。

カビ付けの工程を経た鰹節の断面は、
ルビーのような鮮やかな輝きに!
https://www.instagram.com/

また、鰹節は、鰹の背中側から

作られる「雄節(男節)」

腹側から作られる「雌節(女節)」とが

ありますが、一般的に雄節の方が脂分が少なく、

見た目も透明度が高くすっきりした味に、

雌節のほうは若干味が濃く、濃厚な

こってり味のだしが取れるそうです。

スポンサードリンク

金七商店について

左から2番目が金七商店四代目の瀬崎祐介さん
https://www.instagram.com/

金七商店の創業は1955年、

現在四代目の瀬崎祐介さんの

曽祖父が、熊本・天草から

枕崎に移り、問屋業を始め、

後を追って来た二代目が、

当時枕崎では盛んではなかった鰹節製造を

メインに製造業を始め、現在は

四代目の瀬崎祐介さんと、三代目で父の

瀬崎秀信さんが中心となって鰹節を

作っていますが、四代目瀬崎祐介さんの

息子さんも、早くも五代目を意識して

日々お手伝いに励んでいるそうです^O^

2007年からは、現四代目の瀬崎祐介さんの

アイディアで、カビ付けの工程で

クラシック音楽を倉庫内に流すように

なってから、カビのキメが細かくなり、

悪いカビができにくくなったそうです!

四代目・瀬崎祐介さんについてはコチラもどうぞ!

2008年、2012年には2年連続で

全国鰹節類品評会で水産庁長官賞を受賞!

金七商店のクラシック節は、

銀座の高級料亭や全国のレストランで

使用され、海外のシェフも視察に

訪れるほどの、最高級の鰹節と呼ばれています。

スポンサードリンク

金七商店のクラシック節を調べてみて

鹿児島・枕崎の金七商店が

製造販売する、最高級鰹節

「クラシック節」の通販方法などを

調べてみました。

乳牛にクラシック音楽を聞かせると

おいしい牛乳がとれるとか、

同じ状態の食べ物に、いい言葉と

悪い言葉をかけて経過観察をすると

悪い言葉をかけていたほうが腐敗が

早く進む……という話を聞いたことが

ありますが、鰹節もクラシック音楽で

美味しく熟成される!とはびっくりです^O^

極上の鰹節、一度食べてみたいですね!^m^

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする