【新型コロナ】アセトアミノフェン主剤の市販薬まとめ・品薄売切転売必至?

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

感染拡大が続いている新型コロナウイルスによる

肺炎ですが、WHOが

「新型コロナウイルスの症状には

抗炎症薬の使用は避けるように」

という、新しい発表を出しました。

(出典:https://news.yahoo.co.jp/)

「新型コロナウイルスの症状がある人は、抗炎症薬「イブプロフェン」の服用を避けるよう」

「家庭で服用するなら、「アセトアミノフェン」を勧める」

医薬品用のアセトアミノフェン単体の

薬もありますが、

アセトアミノフェン主剤の

市販薬もかなりあります。

今度は、これらの市販薬が

品薄・売り切れ・転売目的の

買い占めのターゲットに

なりそうな気がしています。

気になる「アセトアミノフェン主剤」の

市販薬をまとめてみました。

スポンサードリンク

アセトアミノフェン主剤の主な市販薬

いずれも第二類医薬品で、

処方箋なしで購入できるお薬です。

タイレノール

タイレノールは、医薬用のカロナール(後述)と

同じ成分なのだそうです。

(※Amazonでは売切れになりました)

新セデス錠


(↑クリックでAmazonへ)

ノーシン錠


(↑クリックでAmazonへ)

ナロン錠


(↑クリックでAmazonへ)

この他、医薬用のお薬で「カロナール」↓

ありますが、こちらは通常、医師の処方箋が

必要なお薬です。

(出典:https://www.sorashido.com/)

スポンサードリンク

アセトアミノフェンとは?

アセトアミノフェン(=パラセタモール)は

非ピリン系解熱鎮痛薬に分類され、

脳の中枢神経や体温調節中枢に

作用することによって、解熱鎮痛効果を示します。

抗炎症作用はほぼ有しておらず

正常な服用量では、

血液凝固、腎臓あるいは

胎児の動脈管収縮などの影響が少ないと

されています。

ただし、過剰摂取すると、

肝臓に損傷を与える恐れがあるので、

推奨用量は厳守する必要があるそうです。

インフルエンザにも、解熱鎮痛剤として、

アセトアミノフェンが推奨されているそうです。

アスピリンやイブプロフェンは

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)と

呼ばれ、喘息患者の何割かは

「アスピリン喘息」と呼ばれる

症状を起こすことがあるそうです。

ちなみに、解熱鎮痛剤で

市販されている第一類医薬品で

メジャーな「ロキソニン」は

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の

タイプに分類されていますので、

新型コロナウイルスの症状が出た場合に

服用が推奨されていないお薬と

いうことになります。

スポンサードリンク

新型コロナの症状に推奨されない「イブプロフェン」主剤の市販薬

新型コロナウイルスの症状が出た場合に

推奨されない「イブプロフェン」が主剤の

主な市販薬には

  • イブ(エスエス製薬)
  • バファリン(ライオン)
  • ナロンエース(大正製薬)
    ※アセトアミノフェン配合の
    「ナロン錠」と名前が似ていますが、
    配合の成分が違います!

などになります。

また、先に書きましたように

ロキソニンも、配合されている成分上

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に

分類されているため、

こちらも推奨はされていません。

主な市販薬をまとめてみましたが

解熱鎮痛剤は他にも

多くの種類がありますので、購入する際には、

成分がアセトアミノフェン主剤であるかの確認、

また、お店の薬剤師さんに相談するのが

確実だと思います😷

くれぐれも、まとめ買いや買い占め、

転売ヤーの高額販売につられて

しまうことはありませんように!

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

【関連記事】

志村けん新型コロナ陽性!入院先は国立国際医療研究センター病院か?
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする