動画有・田中耕一(島津製作所)コロナを語る!予防の可能性は?白髪が気になる?WBS

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

4/22の「ワールドビジネスサテライト」に

ノーベル化学賞受賞者の田中耕一さん

久々にメディア出演。

現在猛威をふるっている新型コロナウイルスに

ついて語ります。

(出典:https://bunshun.jp/
2019年3月、16年ぶりにインタビューに答える田中耕一さん
(ノーベル賞受賞時43歳の田中耕一さんも現在還暦60歳。
元々若白髪で、白髪が多かったそうですが、
ノーベル賞受賞前までは毛染めをしていたそうです。
毛染めを止めてからは、すっかり白髪のイメージが定着しました^_^)

スポンサードリンク

田中耕一さん、久々にメディア出演、コロナを語る

同じくノーベル賞受賞者の山中伸弥教授は

元医療従事者だけあって、

メディアやSNS、YouTubeなどで

積極的に新型コロナウイルスへの

注意喚起をなさっていますが、

田中耕一さんは医療の専門家ではないためか

メディアに出演してコロナウイルスについて

語るのは初めてかと思われます。

《動画1》

《続き・動画2》

ノーベル賞受賞後に、

「血液一滴で病気を診断する方法を開発する」

という目的を立てて研究に邁進し、

2014年には実際に、血液から

アルツハイマー病の原因物質を

検出できる段階に達し、同年4月からは

更に実用化を目指し研究を続けて

いらっしゃる田中耕一さんが、どのような

発言をされるのかが注目されます!^_^

《田中耕一さん略歴》

  • 田中耕一(たなか こういち)
  • 1959年8月3日生まれ(60歳)
  • 富山県富山市出身
  • 東北大学工学部卒
  • 研究分野:化学・工学
  • 1983年 島津製作所入所
  • 2002年 ノーベル化学賞受賞、同年文化勲章受賞
  • 2003年 田中耕一記念質量分析研究所所長
  • 2012年 シニアフェロー就任

スポンサードリンク

田中耕一さん所属の島津製作所は新型コロナ検査キットを開発

田中耕一さんが勤務されている

島津製作所では、4月20日から

煩雑な手作業を省き、検査時間を半分にできる

「新型コロナウイルス検出試薬キット」を

発売されました。

(出典:https://www.shimadzu.co.jp/news/press/

プレスリリースによると

現状の遺伝子増幅法(PCR法)による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の検出では、鼻咽頭拭い液などの試料(検体)からRNAを抽出して精製する煩雑な作業が必要です。これが多数の試料を迅速に検査する際の妨げになってきました。

本キットの使用によってRNAの抽出・精製工程が省けるため検査に要する人手を大幅に削減でき、かつ2時間以上かかっていたPCR検査の全工程を従来の半分である約1時間に短縮できます96検体用PCR装置を用いて、96検体を検査した場合でも1時間半以内で行えます。また、手作業を行わずに済むため、人為的なミスの防止にもつながります。

まだ発売から2日目でもあり、

このキットがどれ程の検査機関で

採用されているかはわかりませんが、

臨床検体を用いた評価では、

新型コロナの陽性・陰性の一致率は100%

なのだそうです!

煩雑さが難点でもあるPCR検査とも

併用する形で、多くの検査機関で

採用されていけばいいですね。

医療従事者の方々の負担も

軽減されるかと思います。

スポンサードリンク

田中耕一さんの2014年の発見はコロナ予防にも応用される?

島津製作所が発売を始めた

新型コロナウイルス検査キットに

田中耕一さんの研究が応用されて

いるのかどうかは不明ですが、

田中耕一さんはノーベル化学賞を受賞した

質量分析技術を駆使して、

アルツハイマー病やがん等の原因とされる

タンパク質を、高精度に検出することに

2014年に成功されました!

ご自身が立てた目標・

「血液一滴で病気を診断する方法を開発する」

には、実用化にはまだ5、6合目だと

おっしゃっています(今年2月20日の

インタビューで)。

新型コロナウイルス肺炎は未知の驚異

誰も本当のことがわからず、治療法もワクチンも

開発されていないことから、

長期戦になるとも予想されています。

日本が誇る偉大な頭脳・田中耕一さんが

現在取り組んでいる研究が、

遠からず新型コロナウイルスの

予防にも応用されることを願ってやみません。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

フィング・Zucks・ISE
Ciqua

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする