炎上・犬用マスクは虐待の危険!熱中症で最悪命に関わる!

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

立秋を過ぎたというのに、暑い毎日ですね。

最近、新型コロナウイルスが犬にも

感染するというニュースが流れ、

「犬用マスク」という、とんでもない

シロモノが出現し、物議を醸しています。

私も犬を飼っていますので、

正直こんなものを買ったり、

愛犬に着けたりする人の気が

知れません。

以下、犬用マスクはなぜ危険なのか

まとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

犬用マスクはなぜ危険なのか?

人間には全身に汗腺があって、

風を受けたり汗をかいたりすることで

体温調節が可能ですが、

犬には汗腺が鼻・足の裏の肉球に

しかありません。

(犬に扇風機の風をあてても

冷却効果は、全身に汗腺がある

人間のその比ではありません)

そして体温調節は主に

「ハァハァ」と呼吸すること

行っています。

犬用マスクを着けると、

最も体温を放出する口と、

わずかしかない汗腺の

を塞ぐことになり、

加えて炎天下では

散歩中の路面も高温になり

汗をかくもうひとつの

部分の肉球も暑さに

さらされることになります。

犬用マスクをつけることで

一気に熱中症の危険が高まり

最悪、死に至ることもあり

非常に危険なのです。

スポンサードリンク

ネットで販売されている犬用マスク

ネットで「犬用マスク」と検索

すると、ちょっと信じられないですが

山のように商品が出てきます。

特に、パグなどの鼻ぺちゃわんこ

(短吻種・たんふんしゅ)の

犬は、飛行機の搭乗も断られることが

あるほど、呼吸器の構造上、

呼吸で体温を調整するのが苦手です。

これらの犬種のみならず、

あらゆる犬種の犬にマスクを

つけるのは、虐待と同じです。

スポンサードリンク

犬用マスクを手作りする人も……

犬用マスクの危険性を

知ってか知らずか、

ネットで型紙が公開されて

いるサイトもありますし、

手作りの犬用マスクを

公開している方も

いらっしゃいます。

ぜひ犬用マスクの危険性を

知ってほしいと思います。

スポンサードリンク

犬用マスクに、SNSの反応は?

当然といえば当然ですが、

獣医師さんや動物管理に

詳しい方は、犬用マスクに

警鐘をならすツイートを

しています。

販売しているサイトには

通報してもいい程の

危険な品物です。

犬や猫も新型コロナウイルスに

感染したことが確認されたと

報道されていますが、

感染していても、ほとんど

肺炎の症状はなく、

やがて陰性になってしまう

言われています。

飼い主の「コロナ怖い病」

大切な愛犬を、コロナではなく

熱中症で失うことになってしまったら

まさに本末転倒です。

スポンサードリンク

愛犬に犬用マスクを着けている人は今すぐやめて!

虐待に等しい犬用マスクを

着けている人は、今すぐ

着けるのをやめましょう。

濡らして着せるクールウェアや、

頸動脈部分に保冷剤用の

ポケットを着けられる

バンダナ等を利用し、

炎天下での散歩はやめて、

涼しい場所で過ごさせて

夏を乗り切るのが得策です。

先程も書きましたが、

犬は汗をかく部分が

鼻先と肉球だけで、

肌には汗腺がなく、

扇風機の風で冷感を

感じることはほぼありません。

エアコンを上手に使い、

愛犬を酷暑から守りたいですね!

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする