蛭子能収、レビー小体病とアルツハイマー合併症・認知症と診断!今後の活動は?

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

タレントで漫画家(実際あまり漫画は

描いていないようですが^_^;)の蛭子能収さん

テレビ東京「主治医が見つかる診療所」で

「レビー小体病とアルツハイマー合併症」による

「軽度の認知症」と診断されたました。

(出典:https://tv.yahoo.co.jp/)

以前見た番組でも、なんだか

ずいぶん痩せたなぁ?…というイメージでした。

蛭子能収さんも、御年72歳、

もしや重病??…と思いましたが

痩せたのはダイエットの

効果だったようでした。

聞き慣れない「レビー小体病」、

心配される「アルツハイマー」、そして認知症。

今後の蛭子能収さんの活動はどう変わるのか?

まとめてみました。

スポンサードリンク

蛭子能収さん、「レビー小体病とアルツハイマー合併症」と診断

蛭子能収さんは、ご自身で

「最近物忘れすることが多くなっている」

と自覚されていたそうです。

脳のMRI検査を受けたところ、

医師の診断は「軽度認知機能障害がある。

アルツハイマーが隠れていて、

むき出しになっているのが

レビー小体病」と診断されたとのこと。

アルツハイマーはよく耳にする病名ですが

「レビー小体病」は聞き慣れません。

どのような病気なのでしょうか?

蛭子能収さん、「レビー小体病」とはどんな病気?

「レビー小体病」とは、

「レビー小体」という名のたんぱく質が

脳に蓄積し、神経細胞が破壊される病気です。

このたんぱく質が脳幹にたまるとパーキンソン病、

大脳にたまると認知症が進むと言われています。

一般に、アルツハイマー病と合併している

ケースが多いそうです。

スポンサードリンク
 

蛭子能収さん、これまでにも認知症の疑いが…

蛭子能収さんは、これまでも

既に何度か「認知症ではないか?」

疑われてきました。

それらのエピソードをまとめてみました。

2014年、番組企画で「軽度認知障害」と診断されていた

2014年11月放送の

バラエティ番組

「私の何がイケないの?」で、

「最近、物忘れがひどい」と言った

蛭子能収さんが、番組内で

最新の脳検査を受けたところ、

軽度認知障害(MCI:Mild Cognitive Impairment)と

診断されたそうです。

軽度認知障害は、日常生活に

困難をきたすほどではない

そうですが、認知症の一歩手前の状態

放置すると認知症のリスクは

更に高まると言われています。

そのため、蛭子能収さんは、専門医の

指導のもとで、脳機能を回復させる

エクササイズを始め、

2016年の同番組では、軽度認知障害の

症状が格段によくなっていると

診断されたそうです。

スポンサードリンク

2017年11月…「首相の名前」を思い出せない…

ニュースなどで、毎日耳にしないことはない、

“日本一の有名人”となると、やはり時の総理大臣の

名前かと思いますが、2017年11月放送の

バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」内で、

蛭子能収さんは、「日本一有名な人」を訊ねられた際に

「安倍首相」と答えたかったものの、

その名前が出てこなかったそうです…

思い出そうにも思い出せなかったそうで…

認知症の症状のひとつに、

「自分が言いたい言葉がうまく出てこない」

という典型的な症状があるそうです。

これは蛭子能収さん自身にとっても、

周囲にとっても、心配な

出来事だったのではないでしょうか…

2019年10月、無表情・無反応、トイレの開け閉めができない…

極めつけは、昨年10月に放送された

太川陽介さんとのレギュラー番組

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」での出来事。

この撮影時、蛭子能収さんは

ほとんど感情の抑揚がなく、

表情も生気がなく無表情。

太川陽介さんがしきりに気遣って

話しかけても、反応は薄いものだったそうです。

スポンサードリンク
更に周囲を心配させたのが、

蛭子能収さんがトイレから

出られなくなってしまったハプニング。

蛭子能収さんが入ったトイレは、

ボタンを押して開閉するドアでしたが

入る時はボタンを押したものの、

出る時には「ボタン開閉のドア」だと

いうことを完全に忘れてしまい、

ドアを無理やり手でこじ開けようとしたり、

トイレの中から

「ドアが開かなーい!」と絶叫。

叫び声に気づいた太川陽介さんが

慌てて駆けつけてドアを開けたそうです。

SNSにも、

「デイサービスの老人のようだ」

蛭子能収さんの異変を心配する投稿が

多く見られたそうです。

この出来事が理由かどうかは

不明ですが、蛭子能収さんは

2019年12月25日放送回をもって

「バス旅」を降板しています。

(降板理由を蛭子能収さんご本人は

「歩くのが辛くなった」と

説明していらっしゃいますが…真相は?)

スポンサードリンク

脳の検査に付き添った奥様の証言

今回の診断に至る際に、

病院に付き添った奥様の証言で

「洗濯カゴの中の衣類を見て、私が倒れていると思って叫んだりする」

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad80857b781538627a108dbcb2eb9c919751ff4b

といったことがあったそうです。

蛭子能収さんは、3次元の物を

理解できない、視空間認知の衰え

指摘されています。

蛭子能収さんの「夜のおやつ」習慣も脳に悪影響と専門家

蛭子能収さんは、今年2020年に入ってから

Twitterを頻繁に更新しています。

とにかく、何かを食べている写真や

動画の投稿が多いのですが、

蛭子能収さんは「夜のおやつ」

習慣のようで、夜にアイスクリームや

アップルパイ、ケーキ、プリン

あんこがたっぷりの和菓子などなどを

毎日のように食べています。

血糖値の上昇が心配されること、

(糖尿病は認知症の発症リスクを高めるそう)、

また、認知症になると味覚が低下するため

甘いものや味の濃いものを

好むようになるそうで、専門家からは

蛭子能収さんの「夜のおやつ」習慣が

脳に悪影響を与えないかと

心配されているそうです…・ω・

スポンサードリンク

蛭子能収さん、今後の活動は?

蛭子能収さんを診断した医師によると

「すでに認知症が始まっている」との

ことで、今後の芸能活動が心配されます。

蛭子能収さんの症状は、朝と晩に

症状が悪化することがあるそうで

医師からは

「朝早いロケや泊まり込みのロケは避けて、

昼間の活動性を上げる仕事」

を勧められたそうです。

レビー小体病を改善する薬もあるそうです!

唯一無二のシュールなキャラクターの

蛭子能収さん。お年は召して

きていますが、まだまだ元気で活躍して

頂きたいですよね…(´・_・`)

ちょっと心配な、蛭子能収さんの

認知症診断のまとめでした。

最後までお読み下さり、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする