江角悠太えすみゆうたの経歴は?高校大学はどこ?結婚して嫁はいる?逆転人生

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

11月2日放送のNHK「逆転人生」に

赤字経営で危機に瀕していた

三重県の志摩市民病院を、

34歳の若さで院長になり、

見事経営を立て直した

江角悠太さんが出演されます。

江角悠太さんが院長になった

当時の志摩市民病院は、毎年7億円の

赤字を垂れ流す、典型的な“お荷物病院”

だったそうで、地域住民にも見放され、

江角悠太さん以外の医師・看護師が

一斉退職するという大ピンチ状態

だったとのこと…

江角悠太さんは

「どんな患者も絶対に断らない」方針と、

常勤医師と非常勤医師をなんとか確保

することで、毎年1億円、赤字を削減していき

わずか4年で経営を立て直したそうです!

凄い経営手腕ですよね!

江角悠太さんの経歴や出身校、

ご結婚はされているのか等を

調べてみました。

スポンサードリンク

江角悠太さんの経歴

江角悠太さん
https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/621829/

  • 江角悠太(えすみ ゆうた)
  • 1982年生まれ?(誕生日不明) 38歳
  • 東京都練馬区出身
  • 三重県志摩市在住

江角悠太さんは、父親がガン専門の医師、

母親は研究者という共働き家庭に

生まれ、不在がちの両親に代わって

7歳年下の弟の世話を見る…という、

生活に不満を持つ少年だったそうです。

リーダーシップはあるけど、自分勝手な

ジャイアンタイプの少年だったそうで、

ケンカをしたり、高校に入って

運転免許を取ると、警察とカーチェイスを

起こすなど、問題を起こしがちな

荒れた少年時代を過ごしたそうです。

修学旅行では、旅館の絵画を麻雀台に

使って、無期停学になったことも

あったとか!

高校時代の江角悠太さん!……あ、荒れている!^_^;;;
https://chiiki-hp.jp/report/1128/

そんな江角悠太さんに、両親や祖父母は

「お前の人生はお前のためのものではない。

人のために使いなさい」と、ずっと

諭されていたそうです。

この言葉の意味が腑に落ち、医者の道を

志したのは、高校2年生の春休みに偶然見た

映画「パッチ・アダムス」がきっかけ

だったそうです。

映画では、主人公のパッチ・アダムスは

無料で医療を受けられる病院を設立し、

笑いと愛情で患者を幸せにした、

実在の医師をモデルにした作品です。

これを見た時に、江角悠太さんは

両親や祖父母が言っていたことの意味を

初めて理解し、映画に描かれていた

パッチ・アダムスに憧れ、

医師を目指すことになったそうです。

「医師」を目指す…というより、

「パッチ・アダムス」になりたいという

思いのほうが強かったようです^_^

スポンサードリンク

江角悠太さんの高校・大学はどこ?

江角悠太さんの出身校は、

都内屈指の進学校・東京都立西高等学校

偏差値は73!!

東大や早慶上智へ進学する人も多い

高校だったそうですが、

いかんせんヤンチャばかりして

退学寸前だった江角悠太さんは、

授業をろくに受けておらず、

成績は最底辺だったそう……

高2で医師を志したものの、劣等生だった

江角悠太さんに、医学部進学など

叶うはずがなく、高校の先生に

頼み込んで、中学3年生のレベルから

勉強をやり直し、2浪の末に

三重大学医学部に合格したそうです。

ちなみに、7歳年下の江角亮さん↓

三重大学医学部を卒業し、

三重大学附属病院救命救急センターで

助教を務めていらっしゃるそうです。


お兄さんそっくりですね^O^

スポンサードリンク

江角悠太さんは結婚して嫁はいる?

江角悠太さんは、以前ご結婚されて

奥様がいたそうですが、

病院の仕事があまりにも忙しく

ほとんど帰宅できなかったという理由で

奥様とは離婚されたそうです💦

若くして院長になり、病院の立て直しにと

仕事一筋であったのでありましょう。

でも、奥様はとても寂しかったのかも

しれないですね…(´・_・`)

スポンサードリンク

江角悠太さんの経歴などについて

調べてみました^_^

潰れる寸前だった志摩市民病院は、

母校の三重大学医学部の研修医や

地元の中高生も巻き込み、

江角悠太さんの父である江角浩安医師や、

日本語・中国語・英語を話し、

日本・アメリカ・カナダ・中国の

医師免許を持つアメリカ人医師の

クー・エン・ロック医師らの力で

見事に再生しました。

「逆転人生」では、江角悠太さんが

どんな逆転劇を語られるのか、

楽しみですね!

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする