橋本志穂(ガダルカナル・タカの嫁)認知症の疑い?チェック項目は?物忘れ外来とは

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

ガダルカナル・タカさんの奥様でタレントの

橋本志穂さんが、自身の認知症を疑って、

「物忘れ外来」を受診したと話題になっています。

(出典:https://www.sponichi.co.jp/)

橋本志穂さんはまだ52歳。

認知症というと、年配の方の病気という

イメージがありますが、

「認知症」は何歳くらいから発生しうる

病気なのでしょうか?

受診した「物忘れ外来」というのも、

あまり聞き慣れない診療科目かと思います。

橋本志穂さんの認知症の疑いと、

若年性の認知症について、物忘れ外来になどについて

まとめてみました!

スポンサードリンク

橋本志穂さん、認知症の疑い?

橋本志穂さんは、自身の物忘れの多さに

認知症ではないかと疑問を持ち、

「物忘れ外来」を受診したと、

ご自身のInstagramやSNSで報告しています。

(背後に立っているのはガダルカナル・タカさん?^_^)

View this post on Instagram

こんな時に病院、、、 でも、1ヶ月以上前から予約して やっととれた外来なのです。 認知症が始まってるんじゃないかーと疑いがあって、 物忘れ外来というのを 受診しました。 近く移転も決まってるそうですが 足立区の古い建物の病院 迷路みたいにクルクルと移動する。 移動して館が変わるごとに 手を消毒。 マスク着用してない人は 入り口の自動販売機で 一枚100円で買わないとダメみたい。 待ってる時間の方が長かったけど、 先生とのやりとりで 認知症ではないと判明。 ホッとする反面で お薬出してもらえたら (ただし、一生飲み続けなければならない)物忘れがなくなると思って期待したのにな。 昨日も出先でお土産もらったら お土産もったまま、 自分のバッグ忘れて帰ってきた。 こういうのは 認知症ではなく、 単なるおっちょこちょいみたいです。 それにしても、認知症の検査は 「え?馬鹿にしてます?」みたいな質問ばかりなんだけど、 でも、答えながら 「あー、父はこんな質問にも答えられなさそうな気がする」と親の事が益々気がかりになったのでした。 兎にも角にも、 一安心。

A post shared by Shiho Hashimoto (@shihohashimoto3) on

病院できちんと検査をした結果は、

「認知症ではない」と判明されたとのこと。

本当によかったですね!

物忘れが多いのは、

「単なるおっちょこちょい」なのだとか^_^;

なにかしらの自覚症状があると、

やはり専門の医療機関で診てもらわないことには

心配なものですよね(T_T)

病院を受診できたのも、1ヵ月前から予約して

やっととれた外来だとのこと。

なかなか取りにくい予約だったのかもしれません。

橋本志穂さんもおっしゃっていますが、

とにもかくにも、一安心で、まずは何よりですね!

スポンサードリンク

橋本志穂さんが疑った「認知症」は、何歳くらいから発症しうる?

まだ52歳と、お若い橋本志穂さんが

物忘れの多さから認知症を疑ったというので

若年性の認知症について少し調べてみました。

若年性の認知症は、40代や50代、

なんと、早ければ高校生であっても、

発症する可能性のある病気なのだそうです((((;゚Д゚))))

厚生労働省の調査では、平成21年度で、

全国の65歳未満の若年性認知症の

患者数は3.78万人と推計されているそうです。

代表的な症状は、

  • 記憶障害(何を食べたか、何をどこにしまったかの記憶がなくなる物忘れ
  • 見当識障害(今日の日付や今どこにいるのかがわからなくなる等)
  • 理解力・判断力の低下(計算ができなくなる、自宅の場所がわからなくなる等)
  • 実行機能障害(自分が伝えたいことがうまく説明できない等)
  • 感情が不安定になる(急に喜んで手を叩いたり、何もないところで泣いたり等)

その他に周辺症状として

  • 徘徊
  • 妄想
  • 幻覚(幻視・幻聴)
  • 無気力・うつ状態

といった症状が現れるそうです。

これはかなり怖い………

40代や50代というと、まだまだ働き盛りの世代。

人生まだまだこれから!…

と思っている矢先に、もし

こういった症状に見舞われると想像したら

やはり怖いことですね…

橋本志穂さんが、念の為にでも

病院できちんと検査をなさったのは

正解だったのではと思います。

スポンサードリンク

橋本志穂さんが疑った「認知症」の、自己診断チェック項目

「若年性認知症かもしれない」と

思ったときのための、チェックリストがあります。

当てはまる項目が多く、不安を感じた方は

医療機関に相談するのがおすすめのようです。

□何でもないことができなくなった、失敗が目立つようになった
□話をすることが減った
□部屋に閉じこもることが増えた
□元気がないように見える
□わかりやすい、ごまかしや嘘をつくようになった
□会話が合わない、適当に話を合わせている
□趣味や関心ごとに興味を持たなくなった
□もの忘れが目立つようになった

治療には、早期発見・早期治療が最も大切だそうです!

橋本志穂さんが受診した「物忘れ外来」

橋本志穂さんが受診した「物忘れ外来」

あまり聞き慣れない診療科目名ですが、

「認知症外来」と共に、全国で受診できる病院があるそうです!

「公益社団法人 認知症の人と家族の会」のホームページで、

受診できる病院を探すことができます↓(クリックで、外来一覧へ)

(出典:http://www.alzheimer.or.jp/)

橋本志穂さんの略歴

  • 橋本志穂(はしもと しほ)
  • 本名:井口 志穂(いぐち しほ・ガダルカナル・タカさんの本名が「井口 薫仁(たかひと)」
  • 1967年9月15日生まれ
  • 福岡県福岡市出身
  • 血液型A型
  • 筑紫女学園高等学校、福岡大学体育学部卒業
  • 1990年 福岡放送に入社、後にアナウンサーに転籍。
  • 1994年 ガダルカナル・タカさんと結婚・福岡放送を退社
  • 以後はフリーアナウンサー・タレントとして活動

スポンサードリンク

まとめ

橋本志穂さんが認知症を疑って

物忘れ外来を受診されたニュースのまとめでした。

「認知症」は、年配の方の病気だけではない、

あらためて調べてみると、

とても怖い病気ですね…(;゚Д゚)

橋本志穂さんも、病院で「認知症ではない」と

診断されるまでは、気が気でなかったのでは

ないでしょうか?

病気はある日突然やってくるもの、

「自分は絶対にならない」とは、

誰も言えないものです。

少しでも気になったら、専門の医療機関で

診察してもらうのが正解ですね!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!