日高逸子(ボートレーサー)の経歴や年収、夫との馴れ初めは?若い頃がかわいい!逆転人生

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

5月24日のNHK「逆転人生」では

“伝説のボートレーサー”、“グレートマザー”とも

呼ばれる、女性ボートレーサーの

日高逸子さんの波乱万丈人生が

紹介されます。

今年還暦を迎える日高逸子さんですが、

女子選手として2人目の、通算2,000勝という

記録を達成し、後輩選手からは

尊敬を込めて「妖怪」とも呼ばれて

いるそうです^_^

そんな日高逸子さんの経歴や気になる年収、

日高逸子さんを支える旦那様との馴れ初めや

若い頃のかわいい画像などをまとめてみました。

スポンサードリンク

日高逸子さんの経歴は?

日高逸子さん

  • 日高逸子(ひだか いつこ)
  • 1961年10月7日生まれ 59歳
  • 埼玉県串間市出身
  • 福岡県福岡市在住
  • 身長:155cm
  • 体重:49kg
  • 血液型:A型
  • 2021年現在、競艇の現役女子選手としては最年長

競艇(ボートレース)は激しい競技の

イメージがあります。還暦を目前にして

尚現役選手として活躍している

日高逸子さんのパワーは凄いですね!

日高逸子さんの生い立ち

日高逸子さんは宮崎県都城市に

中学教師の父と、保育士の母の間の

長女として生まれました。

日高逸子さんが4歳の時、父がバイク事故に遭い

その後遺症で酒浸りになり、暴力を振るうように

なってしまったそうです(´・_・`)

父の暴力に耐えかねた母が突如、姿を消して

しまい、日高逸子さんが小学1年生の時に

両親は離婚。

日高逸子さんは、2歳年上の兄と共に

祖父母宅に預けられ、生活するようになった

そうです。

祖父母宅での暮らしは、日高逸子さんに

とって厳しいものだったようで、

祖母はお兄さんには優しかったものの

日高逸子さんは料理や洗濯など

家事全般を任され、また、お兄さんと

一緒に新聞配達をして、家計を支える等、

母を失った悲しみと貧しさの中での

生活だったそうです。

スポンサードリンク

日高逸子さんがボートレーサーになった転機

奨学金を得て高校を卒業した日高逸子さんは

地元の信用金庫に入行後、1年で退社し、

上京して旅行専門学校や製菓学校で学び

旅行会社や喫茶店で働きながら、

自分の道・自分に合う仕事を探し求める

日々を送ったそうです。

そんな中、22歳の時に、普段はほとんど見ない

テレビをつけたところ、ボートレーサー募集の

CMが流れ、ボートレーサーの「年収1,000万円」

という金額に惹かれ、ボートがどんな

スポーツかもわからないまま、履歴書を

送ったそう!

幼い頃から貧しい生活を強いられてきた

日高逸子さんにとっては、“ボートレースが

どんなスポーツか?”…よりも、高い収入の

キャッチコピーが強烈だったそうです。

履歴書を送り、実際に試験会場に行ってみて

初めてボートのスピードや、ひっくり返って

冷たい湖に身を投げ出される光景を見て

言葉を失う程驚いたそう。

それでも、33倍の難関を突破して

養成所へ入所。1年間の過酷な訓練を

経て、1985年、24歳の時に

福岡県の芦屋競艇場でボートレーサーとして

デビューしたそうです。

スポンサードリンク

日高逸子さんの年収は?

日高逸子さんをボートレーサーの

道へいざなうことになった、

“ボートに乗って年収1,000万円”の

キャッチコピー。

かなりそそられますよね^m^

果たして、実際の日高逸子さんの

年収はいくら位なのでしょう?

日高逸子さんは24歳でデビューし、

勝ちにこだわる貪欲な姿勢で

上位クラスに入り、女子賞金女王など

数々の記録を叩き出しています。

選手生活でこれまでに獲得した賞金は

女子最高の累計10億円を超える実力!

年収はその年の勝敗の記録で上下

することがありそうですが、

選手生活は35年、獲得賞金の10億円超を

単純に割ると、年収は3,000〜3,500万円前後

思われます。

羨ましい高収入ですが、過酷なレースで

次々に勝利していった、日高逸子さんの

努力の賜物の年収と言えそうですね!✨

スポンサードリンク

日高逸子さんと夫の日高邦博さんとの馴れ初めは?

ボートレースというスポーツに

日高逸子さんが専念できているのは

ご主人の日高邦博さん

主夫兼マネージャーとして

あらゆる面からサポートしているのが

大きいようです!

右がご主人の日高邦博さん
https://www.nhk.jp/

ご主人の日高邦博さん(旧姓は「井上」

婿入りされたようですね!)は

日高逸子さんと同い年の1961年生まれで

新潟県出身。

高校卒業後に、ツアーコンダクターを目指し、

東京・中野にある旅行専門学校に

入学し、この時に日高逸子さんと

同級生として出会ったそうです。

交際を申し込んだのは、ご主人の

邦博さんのほうからだったそうです。

最初は日高逸子さんから断られていたものの、

何度も邦博さんがアタックし、

1995年には、邦博さんが

『結婚してみようか』とプロポーズ!

日高逸子さんは『マネージャーに

なってくれたらいいかもね』と応じ、

翌年1996年=平成八年八月八日、

末広がりの日に、34歳で結婚されたそうです。

以来、邦博さんは主夫兼マネージャーとして

家事や2人の娘さんたちの教育など、

日高逸子さんを公私から

サポートする存在に!

↓画像クリックでAmazonへ

ご主人の邦博さんの著書:
「逸子さん、僕が主夫します!―競艇のグレートマザーに恋して」

また、今は大学生になった2人の娘さん達も

日高逸子さんの大きな支えになって

いるそうです。

『グレートマザー』と呼ばれる

伝説のボートレーサー・日高逸子さんは

家族の支えで、不屈の女王として

年齢を重ねても、現役レーサーで

活躍できているのかもしれませんね!^_^

スポンサードリンク

日高逸子さんは美人で若い頃からかわいい!

ボートレースに挑み続ける

日高逸子さん。今年還暦を

迎えるようには見えないほど、

凛々しくて美人!^O^

日高逸子さんのブログに、

1987年の、ボートレーサーとして

デビューした当時と思われる

写真が投稿されていましたが、

若い頃からかわいい!✨

右から2番目、青いノースリーブ姿が、若い頃の日高逸子さん!
日高逸子さんのブログより引用)

アイドル歌手で似た人がいるような美貌✨

ご主人の邦博さんがゾッコンになって

しまうのもわかりますね〜^m^

スポンサードリンク

日高逸子さんの経歴などを調べてみて

NHK「逆転人生」に出演される

伝説のボートレーサー・日高逸子さんの

経歴などを調べてみました。

過酷なボートレースの世界で

還暦を間近にしても、レースに

挑み続ける日高逸子さん。

本当にカッコイイ!

「逆転人生」ではご主人の邦博さんも

出演されるようです。

どんなお話が聞けるか、放送が楽しみ

ですね^O^

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする