廣瀬タカ子(ひろせホーム)の経歴は?結婚してるけど自分の子ども(息子・娘)はいる?情熱大陸

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

5月9日放送の「情熱大陸」では、

様々な事情で、生みの親と暮らせない

要保護児童の親代わりを務める

小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)

「ひろせホーム」を運営する、

廣瀬タカ子さんが紹介されます。

昭和の大家族のような賑やかな家庭の中で、

廣瀬タカ子さんと夫の正(まさし)さん

これまで養育してきた子ども達は

68人に登るそうです。

廣瀬タカ子さんの経歴や、里親として

養育した子達の他に、ご自分のお子さんは

いらっしゃるのかなどを調べてみました。

スポンサードリンク

廣瀬タカ子さんの経歴

廣瀬タカ子さん
https://www.mbs.jp/

  • 廣瀬タカ子(ひろせ たかこ)
  • 1947年9月27日生まれ 73歳
  • 北海道伊達市出身
  • 千葉県君津市在住
  • 神戸学院大学附属高校卒業
  • ファミリーホーム(小規模住居型児童養育事業)全国連絡会前会長

北海道出身の廣瀬タカ子さん。

廣瀬タカ子さんの父も、里親として

親と暮らせない子どもたちを里子として

引き取り、里子たちとともに幼少期を

過ごしていたそうです。

現在では、虐待やシングルマザー問題など

子どもが親と暮らせない事情は多岐に

渡っていますが、廣瀬タカ子さんが幼少期は

戦後の時代で、戦争で親を失い、

身寄りのなくなった子どもたちも多かったの

かもしれませんね…

どのような事情であったかは不明ですが、

廣瀬タカ子さんご自身も、養子として

叔母さんの元で暮らしていた時期も

あったそうです。

20歳で夫の正(まさし)さんと結婚し、

40代で里親登録。

2003年に千葉県初の「ファミリーホーム」(経験豊かな

養育者が5〜6人の子どもたちを自宅に迎え入れて

養育する制度)を開設し、現在は

5人の幼い子どもたちと暮らしながら、

『家庭の中で子どもを養育する必要性』

訴え、「ファミリーホーム」の制度を

全国に広める活動に尽力されているそうです。

廣瀬タカ子さんのFacebookより

廣瀬タカ子さんのFacebookに

「我が家の教訓」として

宇宙で世界でたった一人の自分
それは親から授かった大切な命
持っているのは自分だけ
誰にもない自分だけのもの
自分だけの全てをいっぱいいっぱい
大切にしてあげよう

廣瀬タカ子さんのFacebookより)

人間ひとりひとりに与えられた

命の大切さ、愛情をそそぐ必要性を

強く訴える言葉ですね。

スポンサードリンク

廣瀬タカ子さんの「ひろせホーム」について

千葉県小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)
ひろせホーム
住 所 千葉県君津市人見2-12-4
電 話  0439-54-5688


廣瀬タカ子さんが運営する「ひろせホーム」では

「愛着性を育む」ということを大切にされて

いるそうです。

「愛着」とは、母親とのふれあいのなかで生まれる

情緒的な一体感をさし、親と一緒にいて安心できたり、

ゆったりと人とのやりとりを楽しめること。

この「愛着」を育むには、乳幼児期の経験が

とても重要で、成長していく上での安心安全、

安定した世界観の確立にもつながり、

逆に愛着性が形成されないと、成長後

様々な問題行動や社会性の欠如につながる

いわれているそうです。

施設養護では、どうしても1日数時間勤務交代など

子どもとの密な関係、家庭的な環境は

どうしても補いにくくなるため、この点を以て

「ファミリーホームで、生活を共にする

養育者がいて、家庭的な環境で過ごすという

ファミリーホームの重要性が強調されています。

スポンサードリンク

廣瀬タカ子さんは自分の子ども(息子・娘)はいる?

廣瀬タカ子さんの「ひろせホーム」を

巣立っていった68人の子どもたちは

皆、廣瀬タカ子さんのお子さんとも

呼べると思いますが、

夫の正さんとの間に、廣瀬タカ子さんご自身の

お子さんはいらっしゃるのでしょうか?

廣瀬タカ子さんは3人のお子さんに

恵まれているそうです。

娘さんのおひとりは、「ひろせホーム」の

近くに暮らし、時々お孫さんも連れて、

ホームの子どもたちと

一緒に遊んだり食卓を囲んだり

しているそうです^_^

スポンサードリンク

廣瀬タカ子さんについて調べてみて

「情熱大陸」に出演する、千葉県初の

ファミリーホーム開設者・廣瀬タカ子さんに

ついて調べてみました。

「ひろせホーム」を巣立ち、成人した

人たちは、ある人は結婚して母になったり、

保育士を目指し大学に通う人もいる

そうですが、皆折りに触れ、廣瀬タカ子さんを

「お母さん」と慕い、進路や子育ての

悩み相談や、嬉しいことがあると

報告に訪れるそうです。

廣瀬タカ子さんが「ファミリーホーム」の

重要性とする“愛着性を育む”ことは、

実際にお互いを信頼することにも

繋がり、ある意味では、血縁以上に

大切な関係をもたらすものなのかも

しれませんね。

「情熱大陸」で、廣瀬タカ子さんと

ファミリーホームの子どもたちとの

関係がどのように紹介されるのか、

放送が楽しみです^_^

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

フィング・Zucks・ISE
Ciqua

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする