伊勢谷友介は黙秘なのになぜ保釈?保証金の500万円は安い?

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

大麻取締法違反で起訴されていた

俳優の伊勢谷友介被告

保釈保証金500万円を納付して

本日9月30日にも東京湾岸署から

保釈される見通しだそうです。

伊勢谷友介被告は、所持していた

大麻の入手経路などを黙秘して

いるにもかかわらず、なぜ保釈が認められる?

保釈保証金の500万円は安いのでは…?

ちょっと感じたソボクな疑問ですが、

まとめてみました。

スポンサードリンク

伊勢谷友介被告、大麻入手先黙秘なのになぜ保釈?

伊勢谷友介被告
Yahoo!ニュースより引用)

起訴されて、容疑者から「被告」に

なった伊勢谷友介被告。

逮捕勾留中の取り調べで、

大麻の入手経路に関しては

黙秘していたそうですが、

そんな状態でも、保釈金を

納付すれば、保釈は認められる

ものなのでしょうか?

弁護士が保釈請求をしたのは

昨日の9月29日。

SNS上でも、「黙秘してるのに

保釈はナイでしょ」的な

意見が多々見られました。

「今日にも保釈」の一報で、

私も「マジ?なんで??」

と思ったのですが…

調べてみたところ、

薬物使用や所持で逮捕された

場合でも、起訴事実を否認し

争っている場合には、

証拠隠滅のおそれがあるとして

保釈が却下されることが多い

そうですが、入手先の否認や黙秘

だけで、保釈が否定されることは

まずないのだそうです。

(参考:薬物事件に強いとされる弁護士さんのHP

法律には明るくない素人ですが

なんだかモヤモヤしますね…

スポンサードリンク

伊勢谷友介被告の保釈保証金500万円は安い?

著名人であればあるほど、

逮捕から保釈される際の

保釈金は高いイメージがあります。

政治家の保釈金などは、特に

数千万円〜億になることも

ありますよね。

伊勢谷友介被告の保釈金の「500万円」も

正直「安いんじゃないの?」

思ってしまいましたが、

昨年末に合成麻薬MDMA所持で

逮捕された沢尻エリカが保釈された時の

保釈金も500万円。

同じく覚醒剤と違法薬物所持で

今年3月に起訴された槇原敬之の

保釈金も500万円。

さかのぼって清原和博や酒井法子の

保釈金も500万円だったので、

薬物使用・所持でお縄になった場合でも

警察の取り調べで犯行を認めて、

証拠隠滅の恐れがない場合の

保釈金の相場は、500万円で妥当な

ところなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

ちなみに…逮捕された芸能人の保釈金最高額は、、、?

薬物系に限定せず、ですが、

逮捕された芸能人の保釈金の

最高額は、6億円近い所得隠しをして

脱税していた故・野村沙知代さんの

支払った5,000万円が最高額だそうです。

それに次ぐのが、詐欺行為で

逮捕された小室哲哉の3,000万円

お次は、詐欺と恐喝未遂の

羽賀研二で、保釈金2,000万円

違法薬物の使用と一緒にいた女性を

放置して保護責任者遺棄致死で逮捕された

押尾学の保釈金1,000万円と続くそうです。

違法薬物使用での保釈金では

ASKAの700万円が高額な部類に入るようです。

どちらにしても、犯罪を犯しても

保釈金を払えば自由の身になれる

という制度は、オカネモチにしか

使えない技ですし、

個人的には、保釈制度はなくなってしまえば

いいのにと思いますf^_^;

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする