勝訴!音楽教室から著作権料徴収・JASRACの反応、ネットの声は?

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

以前、ヤマハの大人の音楽教室に通っていたこともあるマロニーにも、まさか?…と耳を疑う裁判判決のニュースが入ってきました。

2017年から始まった、ヤマハ音楽振興会 VS JASRACの裁判で、「音楽教室での演奏にも『著作権の徴収権』を認める」と、JASRAC勝訴の判決が出ました。

これには反響(主にJASRACへの反発)が大きく現れそうな気がします……

(出典:https://www.bengo4.com/)

スポンサードリンク

「JASRAC」対「音楽教室」著作権料徴収権の裁判の概要

裁判の論点の概要です。

  • JASRAC(日本音楽著作権協会)は2017年2月、音楽教室で、教師や生徒が、JASRACが管理する楽曲を演奏することについて、著作権使用料を徴収する方針を示した。
  • 一方、ヤマハ音楽振興会をはじめとする音楽教室は「音楽教育を守る会」を結成、同年6月に、JASRACに著作権使用料の徴収権がないことの確認を求め、東京地裁に提訴。
  • 原告(音楽教育を守る会)の主張
    音楽教室で教師や生徒が演奏することは、
    1)「公衆」に対する演奏ではない
    2)コンサートやライブのように「聞かせることを目的」としていない
    上記の理由で、著作権法の「演奏権」が及ばない
  • 被告(JASRAC)の主張
    1)教室内での演奏は「公衆」
    2)楽曲利用は「商業利用」にあたる
    上記の理由で、著作権使用料の請求は可能

この争点で、裁判が行われていました。

(出典:https://www.huffingtonpost.jp/)

スポンサードリンク

勝訴したJASRACの反応

今日の東京地裁の判決では、JASRACの主張が認められました。

JASRAC側は、「徴収した著作権料は、作り手へ還元する」としていますが、

どこまで公平にミュージシャンやアーティスト達へ還元されるのかは不透明ですし、

「溜まった分配金で新事業を」とも語っているそうです。

(出典:https://www.bengo4.com/)

JASRACは、音楽教室の1事業者あたり、年間5万円を徴収する方針とのこと。

全国にある約7,000の事業者から徴収すると、

年間の徴収見込額は約3億5,000万〜10億円を想定しているそうです!

JASRACは昨年2019年9月、結婚式の使用する音楽の「包括使用料」を導入するなどと発表して、ネット上では「結婚式にまで金を徴収するのか」などと反発の声も多く、世の中に動揺を与えています。

今回のJASRAC勝訴の判決にも、波紋が広がりそうです。

JASRAC勝訴、現場やネットの声は?

スポンサードリンク

まとめ

物議をかもした、JASRACから音楽教室への著作権料徴収の裁判、東京地裁の一審ではJASRACが勝訴したニュースのまとめでした。

一審ですので、おそらく音楽教室側は控訴するのではないかと思われます。

ネット上では、自分で作曲した曲がテレビで使われたのに、著作権料が入ってこない…といった声も見られましたので、JASRACが「徴収した料金を作り手へ還元する」というのも、どこまで本当なのか怪しい向きもあります。

今後の行方が注目される判決でした。

最後までお読み下さり、ありがとうございました!