綺羅(木戸やすひろ&広谷順子のユニット)・2人の関係は?年齢は?【食彩の王国】

※この記事を投稿した後、記事中で紹介している広谷順子さんが2020年1月4日、乳がんにて63歳で死去されました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
尚、生年月日は1956年10月17日であることがわかりました。広谷順子さんの訃報前に書いたこちらの投稿ですが、記事中に『木戸やすひろさんと広谷順子さんはご夫婦?』といった旨の記述をしております。
お二人はご夫婦で、広谷順子さんが逝去された際の悲しみを伝える報道には、本当に心からのおくやみ申し上げたいとしか思えませんでした。長年の夫婦愛、最高のパートナーに先立たれた木戸やすひろさんの心中、察してあまりあります。
あらためて心から広谷順子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

テレビ朝日「食彩の王国」で、透明感のあるテーマ曲「悠久の翼」を歌う「綺羅(きら)」(木戸やすひろさんと広谷順子さんのコーラスユニット)

悠久の翼/綺羅

(出典:http://www.kira-net.com/

多くのアーティストへの楽曲提供やコーラス参加など、多才な音楽キャリアを持つ綺羅のおふたりについて深堀りしてみました^_^

スポンサードリンク

綺羅はどんなユニット?

長年スタジオミュージシャンとして活躍してきた5人のアカペラユニットのうち、「美しい日本語が消えつつある」ことを憂いた木戸やすひろさんと広谷順子さんが、「日本語を大切にする」コーラスユニットとして結成したのが「綺羅」です。

源氏物語の世界を描いた楽曲や、万葉集をささやきいれたり、百人一首を幻想的な世界に歌い上げるなど、オリジナリティあふれる作品を発表されています。

YouTubeで様々な楽曲が視聴できますが、どれも不思議と癒やされる歌声とメロディーです。

綺羅・木戸やすひろさんの年齢やプロフィールは?

綺羅の木戸やすひろさんは福岡県出身で、年齢はなんと67歳!

まさにクリスタルボイスと言って誇張はないと思います。

中学頃からバンド活動を始め、デビューは1978年。ソロ活動と平行して多くのアーティストのバッキングボーカルや楽曲提供をしてこられたベテランミュージシャンです。

木戸やすひろ「奇跡のかけら short ver.」MV(『KID 65 ~奇跡のかけら』より)

綺羅・広谷順子さんの年齢やプロフィールは?

木戸やすひろさんとユニットを組む広谷順子さんは東京都出身。3歳から高校の時までピアノを習い、高校からバンド活動を開始。当時すでに持ち作品は約90曲あったそうです。

年齢が明らかにされていないのですが、

1976年6月にニッポン放送のインター・カレッジ・オリジナル・ソング・コンテストで作曲賞とグランプリ賞を受賞されたのが学生時代とのことなので、それが高校後半〜大学生くらい?だったとすれば、現在は60代前半〜65歳前後?かと推測されます。

広谷順子さんも、衰えを知らない透明感あふれる美しい歌声です!

コンテスト受賞時にスカウトされ、3年後の1979年にシンガー・ソングライターとしてデビュー。

木戸やすひろさんと同じく、多数のアーティストのコーラス参加や楽曲提供をされています。

数年前にCD化された広谷順子さん2枚目のソロアルバム「ブレンディ」はファン待望のリバイバル、今も根強いファンが多数いるようです。今と変わらない軽やかで澄んだ歌声で、きっとファンの方々の心に残る1枚だったはずです。

スポンサードリンク

綺羅のおふたりの関係は?

広谷順子さんの名字は「旧姓」で、今の本名は「木戸順子」さんとのこと。

木戸やすひろさんと同じ名字なので、おふたりはご夫婦かもしれません。

日本語の美しさを歌い上げる綺羅の活動に注目!

ベテランミュージシャンどうしのユニット、綺羅の歌は、日本語と日本の美しさを刹那的に歌い上げ、聴いているとなぜか心が癒やされるようです。

年齢を知ってビックリ!!!の驚異の歌声ですが、これからもまだまだ「美しい日本語」で楽曲を紡ぎ出していって頂きたいです!(^O^)

綺羅 – 百人想歌

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする