MADARA MANJIまだらまんじの貧乏節約エピソードが凄い?!彼女はいる?ボンビーガール

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

2月2日の「幸せ!ボンビーガール」では、

“1日1万回金づちをたたく、謎のボンビーアーティスト”で、

MADARA MANJI(まだら まんじ)さん

DAIGOさんの直撃取材を受けます。

MADARA MANJIさんは、「マツコ会議」や

「夜の巷を徘徊する」など

マツコ・デラックスさんの番組に

よく出演していたので、ご存知の方も

多そうですね!

この記事では、

MADARA MANJIさんの略歴

MADARA MANJIさんの貧乏節約エピソードが凄い?!

MADARA MANJIさんに彼女はいる?

孤高のアーティスト・MADARA MANJIさん

…などについてまとめてみました。

スポンサードリンク

MADARA MANJIさんの略歴

MADARA MANJI(まだら まんじ)さん
ルックスが超個性的ですよね〜〜^O^

https://art-scenes.net/

  • MADARA MANJI(まだら まんじ)
  • 本名:不明
  • 1988年 東京生まれ
  • 出身校 不明
  • 元ニート

MADARA MANJIさんは本名も

出身校も不明で、謎な部分が多いです。

19歳の時に京都の金属加工職人の

元に弟子入りし、金属加工技術を3年間

修行した後に独立。

19歳で職人に弟子入りしたということは、

大学には進学されなかったと思われます。

独立後は、約400年前から伝わる、

日本独自の金属工芸技法の

「杢目金(もくめがね)」

技術を、独学で習得

MADARA MANJIさんが習得した「杢目金」については
こちらの記事をどうぞ!


数種類の金属をバーナーで

熱して塊にし、何度も金槌で

叩いて薄い板に伸ばすそうですが、

重い金槌を何度も振り下ろし、

あばら骨を疲労骨折したことも

あるそうです^_^;;;

スポンサードリンク

MADARA MANJIさんの貧乏節約エピソードが凄い?!

おかっぱ頭のルックスが印象的な

MADARA MANJIさんですが、

作品作りにかける情熱ゆえ?!

様々な貧乏節約エピソードが

あるようです^_^

月の生活費は1〜2万円!

MADARA MANJIさんの作品は、

軽井沢や銀座などで個展も開催され

日本と海外で、年間に数百万も売れているそうです。

ですが、その売上金は次の作品の

材料費や制作費にまわしてしまうため、

1ヵ月の生活費はわずか1〜2万円…

(↓こんなサイクルのようですね^_^;;;)

しかも、残った生活費のほとんどは

タバコ代に費やしているそうです。

食事は、ファンや活動を通して知り合った人達からの

差し入れで食いつないでいるとか…(驚)

スポンサードリンク

風呂なしアトリエ生活

MADARA MANJIさんは、

生活費や家賃を節約して、制作費に回すため

3年以上前から、アトリエに住み込んでいるそうです。

アトリエの建物は、住居用に建てられたものではないので

お風呂もありません。

たまに銭湯に行く以外は、

屋上のホースで水浴びをしているそうです!

「夏は気持ちいいけど、冬は一歩間違えると凍え死にそうになる」

そうです^_^;;;

寝場所はボロボロのソファ

MADARA MANJIさんの寝場所は、

足も伸ばせないボロボロのソファだけだそうです。

MADARA MANJIさんは、

生活にはあまり興味がないんです。生活を充実させても、芸術への探究心は満たされない。まとまったお金を稼いだら、生活に使うよりも全て制作につぎ込んでもっと良い作品を作りたいんです」

(出典:https://danro.asahi.com/

と語っていらっしゃいます。

ここまで生活を犠牲にしてまで、

自分の作品・理想の芸術を追い求めることは

並大抵の人ではできることではないでしょう……

ただただ驚くばかりです。

スポンサードリンク

MADARA MANJIさんに彼女はいる?

超個性派アーティストのMADARA MANJIさん。

MADARA MANJIさんについて、昨年の3月に

別に記事にしたことがあり、彼女や奥様が

いるかどうか調べましたが、独身で

彼女もいないそうです。

先程引用したインタビューでも

「生活にはあまり興味がない」

「生活を充実させても、
芸術への探究心は満たされない」

…と語っていますので、

ご自分の全人生をかけて

アートに向き合っているような

方なんでしょうね^_^

孤高のアーティスト・MADARA MANJIさん

“1日1万回金づちを叩く”、孤高のアーティスト

ボンビーボーイのMADARA MANJIさんについて

調べてみました。

MADARA MANJIさんとは趣きを異にする、
アシカを愛して止まない、こちらのボンビーボーイにも注目!

“ボンビーガール”で出演したけど、ホントにボンビー???

マツコ・デラックスさんの番組で

初めてMADARA MANJIさんを知った時も

そのルックスや、生活全てをかけて

作品づくりに臨む姿にビックリでしたが

相変わらずその姿勢は変わっていない

ようですね^_^;;

今度は“ボンビーボーイ”としての

エピソードにスポットが当たるようで、

またビックリなお話が聞けそうですね!

放送が楽しみです^O^

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする