サラメシで服部克久が愛した日比谷・帝国ホテルの寿司の口コミや値段は?(2021年11月9日放送・江戸前鮨なか田)

スポンサードリンク

こんにちは、マロニーです。

11月9日放送のNHK「サラメシ」では

数々の名曲を残し、昨2020年に

惜しまれつつこの世を去られた

作曲家の服部克久氏が愛した

日比谷・帝国ホテル内の「江戸前鮨 なか田」

紹介されます。

https://www.nhk.jp/

この記事では、「江戸前鮨 なか田」の

口コミ評判やアクセス、ちょっと気になる

お値段は?!…などを調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

服部克久氏が愛した、帝国ホテル内「江戸前鮨 なか田」について

https://www.imperialhotel.co.jp/

現在、帝国ホテル内に店舗を構える

「江戸前鮨 なか田」は二代目で

(※三代目という情報もあり・確認中)

初代「なか田」は1950年から

銀座で営業していたそうです。

初代の中田一男氏は、寿司職人の

“四天王”の一人と称され、「伝説の名店」

呼ばれる、数ある寿司店の中でも

名門中の名門と呼ばれていたとのこと!

先代の中田一男氏が亡き後は、

ご子息の中田卓也氏が帝国ホテル内に

店舗を移し、現在も“銀座の鮨御三家”

一店に数えられ、厳選された新鮮なネタで

先代からの変わらない仕事と味を

受け継いでいるそうです🍣

スポンサードリンク

「江戸前鮨 なか田」の店舗情報

江戸前鮨 なか田
住 所 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館 B1F
電 話 03-3503-6026
営業時間  11:30〜20:00 日曜営業
定休日  無休
アクセス
  • 地下鉄メトロ日比谷線、千代田線、都営地下鉄三田線徒歩3分(A13出口からすぐ)
  • JR有楽町駅 山手線、京浜東北線徒歩5分

年中無休で、ランチタイムから夜まで通し営業。

14〜17時といった、中途半端な時間でも

訪問できるのはありがたいですね!

昨今のコロナの影響もあり、現在は

テイクアウトも開始、当日受付も可能だそう!

テイクアウトのにぎりセットとちらし寿司!
どちらも美味しそう!✨
電話で注文しておくと受取がスムーズだそうです^O^
(画像は食べログより)

スポンサードリンク

「江戸前鮨 なか田」の気になる値段(予算)は?

高級寿司店となると、お値段は「時価」

いうことが多いですよねf^_^;

「江戸前鮨 なか田」では、値段を

ハッキリ表示しているので、

選びやすいとの評判があります。

セットやコースの他、その場で

好みの寿司をアラカルトで

選ぶこともできるそうです。

銀座でお買い物の途中で

小腹が減った昼下がりに

好みの握りを少しだけ…というオーダーも

歓迎とのこと!✨粋ですね!⭐️

帝国ホテル、高級寿司店…といっても

気取っていないお店のスタイル

とても好印象です^O^

帝国ホテルの寿司店…というと、敷居が高い

イメージがありますが、気軽に利用できそうな

お店かと思います^O^

セットメニュー・丼・おまかせ(ランチ・ディナー共通/税込み・サービス料10%別)
にぎりセット 3,800円(ランチのみ 11:30〜14:00)
にぎりセット 桜 4,700円
にぎりセット 富士 8,000円
おまかせにぎり 昴 13,000円
ばらちらし 3,800円
ふきよせちらし 6,000円
まぐろ丼 5,700円
穴子・づけ・いくら丼 5,500円
刺身定食 海の幸 7,500円
コースメニュー(ランチ・ディナー共通/税込み・サービス料10%別)
豊漁 13,000円
潮騒 23,000円
テイクアウトメニュー(税込み)
おまかせ握り(12貫+玉子) 11,000円
握り盛り合わせ(7貫+鉄火巻) 6,000円
ばらちらし 4,000円
ふきよせちらし 6,200円
太巻き寿司 4,500円

コースメニューの「潮騒」
(画像は食べログより)

比較的リーズナブルなものから、

「さすが帝国ホテル…!」価格まで

バリエーションに富んでいますね!

気軽に利用できそうな価格帯も

用意されているのは嬉しい気がします^_^

生前の服部克久氏は、この中から

どのメニューを好んで召し上がったんでしょう?^_^

芸術家は食にも美を求める…ようにも感じます。

スポンサードリンク

「江戸前鮨 なか田」の口コミ評判は?

「江戸前鮨 なか田」の口コミ評判はどうでしょう?

Googleのクチコミと、食べログから

いくつかレビューを引用してみました。

「ホテルに構える店舗だけあって味・接客ともに良し。出された握りも追加で注文した光り物、鉄火巻きも美味しかった。カウンターに座れたので板前さんの仕事を拝見できたのもいい思い出。」

「子供連れでランチに利用しました。巻物も海苔が香ばしくて、とても美味しかったです。」

「美味しいお寿司を食べたい時に来ます。」

「ホテル内らしく すべてに安心感がある 江戸前鮨の銘店」

「一流ホテルの中で比較的リーズナブルに食べられる寿司店」

……など、さすがに高評価のレビューが

多く見受けられます。

一方で、「接客がよくなかった」

「普通の寿司」…といった、

辛口コメントも見られました。

味の好みは人それぞれ…ということも

ありますので、マイナスレビューが

つくのも、ある意味仕方がないといえば

仕方がないですね^_^;;;

それでも、調べた限りでは

圧倒的に高評価の口コミが多かったです!

スポンサードリンク

「江戸前鮨 なか田」について調べてみて

NHK「サラメシ」で紹介される、

故・服部克久氏が愛した

日比谷・帝国ホテル内の寿司店

「江戸前鮨 なか田」について

調べてみました。

「サラメシ」では、こんなお店も紹介されました。

寿司職人の四天王のひとりとも呼ばれた、

初代・中田一男氏の元で修行した弟子達は、

暖簾分けの形で全国で独立し、

横浜には「鮨渥美」、札幌に「すし善」

京都に「なか一」など、各地で

「名店」と呼ばれる寿司店を開いているそうです。

寿司店にも、初代からの暖簾分けで

“系譜”というものがあるのは知りませんでした。

「寿司は文化」とも言えますね!

帝国ホテルの「江戸前鮨 なか田」は

「名門中の名門」と称された、中田一男氏の

直系の“主流”に当たるわけですね^_^

「サラメシ」放送を見たら、お腹がすいて

しまいそうです^m^

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

Ciqua
フィング・ISE・Zucks

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする