オカリナ工房土音(ひじおと・栃木小山市)が人生の楽園に・種類や値段?板垣洋一はどんな人?

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

11月7日放送の「人生の楽園」に

栃木県小山市で、オカリナ工房を始めた

板垣洋一さん(62歳)と奥様の文子さん(61歳)が

出演されます。

板垣洋一さんと奥様の文子さん
https://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

音楽とオカリナに魅せられて、

板垣洋一さんが開いた工房は

「オカリーナ工房・土音(ひじおと)」。

陶芸で有名な町・栃木県益子の土や

同じく陶芸の町・滋賀県信楽の土を

使って、オカリナを制作・販売されています^_^

「オカリーナ工房・土音」について、

工房で制作・販売されるオカリナの

種類や値段について、工房主の

板垣洋一さんの経歴などをまとめてみました。

スポンサードリンク

オカリーナ工房・土音について

オカリーナ工房・土音は、

元々銀行員だった板垣洋一さんが

54歳で役員退職(早期退職)をし

57歳で始めたオカリナ工房です。

きっかけは、もともと

音楽好きの板垣洋一さんが

焼き物で有名な栃木県益子町の

銀行で支店長を務めていた頃、

益子焼の器

地元の氏神様の祭・土祭(ひじさい)

奉納される土笛(オカリナ)が、

益子の土で作られたものではないことを

知ったのがきっかけで、

「益子の土を使って、自分で

オカリナを作ってみよう」

考えたことだったそうです。

益子町の「土祭」
https://hijisai.jp/blog/hijisai-archive/2014maehijisai/109/

専門書を参考に試行錯誤から

始め、益子焼の窯元で、土と

陶芸技術も学び、更に

プロのオカリナ奏者のアドバイスも

得て、現在は初心者向けから

プロユース、コンサートモデルの

オカリナを制作するまで

腕を上げられました^_^

栃木県小山市のふるさと納税の

返礼品にもなっているそうです!

『オカリーナ工房・土音』板垣洋一さん制作のオカリナ
http://claytone.jp/item.html

スポンサードリンク

オカリーナ工房・土音のオカリナの種類や値段は?

オカリーナ工房・土音で

制作・販売されているオカリナは

まず【仕上げ方】で3種類あり、

・籾殻と炭を一緒に焼いた「黒陶モデル」
・拭き漆や色漆で仕上げた「漆モデル」
・陶器のように二度焼きする「釉薬モデル」

加えて、【音階】で、

ピッコロ、ソプラノ、アルト、テナー、バスまで

全部で約30種類程があり、値段は

14,000円〜35,000円程まで

幅があるようです。

(一般的なオカリナと形状が違う

音域が広い「ダブル管」という

種類もあるようです。こちらは

おそらくかなりの上級者向きですね^_^)

『オカリーナ工房・土音』ダブル管のオカリナ
http://claytone.jp/Angel

オカリナの注文・購入は、

オカリーナ工房・土音さんの

ウェブサイトから可能です。

(尚、問い合わせは極力

メールで!…とのことです)

オカリーナ工房・土音
住 所 栃木県小山市横倉508-2
メールアドレス ocarina.hijioto@nifty.com
ウェブサイト http://claytone.jp/

スポンサードリンク

オカリーナ工房・土音を始めた、板垣洋一さんはどんな人?経歴は?

オカリーナ工房・土音を始めた

板垣洋一さんは、高校時代から

独学でギターと歌にハマり、

当時、オリジナル曲は

100曲以上も製作していたそうです!

プロユースの活動もされていて

作詞、ミキシングエンジニア等を

担当されていたそうですが、

1989年、銀行マンとして生きるか、

音楽で生きるかの選択を迫られ、

銀行マンの道を選んだことで

事実上、音楽からは引退

されたそうです。

2013年に早期退職してからは

その音楽への夢がまた膨らんで

きたのでしょう^_^

自らもギター・オカリナ奏者として

演奏活動もされています。

現在、オカリナ製作の傍ら、

オカリナ製作のワークショップや

オカリナ教室も開催している

そうです。

素敵な第二の人生ですね!✨

スポンサードリンク

オカリナにたしなみのある方が

私の周りにいないせいか、

オカリナというと、「超マイナー楽器」

というイメージが、私の中にはありました。

(失礼!!!)

ですが、調べてみたところ、

日本の“オカリナ人口”は約300万人程

言われていて、私がイメージして

いた以上に多いこともわかりました。

プロのフルート奏者の方が、

ご自分の演奏活動の幅を広げるために

オカリナを始めることも少なくないそうです。

板垣洋一さんの『オカリーナ工房・土音』で

製作されたオカリナも、

そんなプロフェッショナルな

方々に愛用される逸品になって

いそうですね!

「人生の楽園」には
こんな方々も出演されましたされました!

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

Ciqua
フィング・ISE・Zucks

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする