小栗修おぐりおさむ(プロレス)のプロフ・経歴や年収は?結婚して嫁(妻)や子どもはいる?激レア

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

12月14日放送の「激レアさんを連れてきた」に

“サラリーマンでありながら

趣味でプロレスの衣装を作っていたら

いつのまにか業界シェアの8割を1人で

作っちゃってた人”小栗修さん

出演されます。

この記事では、

小栗修さんのプロフィール

小栗修さんの経歴(プロレスとプロレス衣装)は?

小栗修さんの年収は?

小栗修は結婚してる?嫁や子どもはいる?

……を、調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

小栗修さんのプロフィール

小栗修さん
https://www.townnews.co.jp/

  • 小栗 修(おぐり おさむ)
  • 1971年4月29日生まれ 49歳(2020年12月現在)
  • 神奈川県茅ヶ崎生まれ
  • 神奈川県茅ヶ崎市菱沼在住
  • 茅ヶ崎市立赤羽根中学校卒
  • 神奈川県立鶴嶺高等学校卒
  • 東海大学 体育学部卒
  • 現在、コスチュームメーカー「KONDOU SHOES」代表

現在、代表を務めるコスチュームメーカーの

「KONDOU SHOES」は、小栗修さんの

自宅近くに構えた仕事場で、

小栗修がお一人で切り盛りしている

そうです^_^;

スポンサードリンク

小栗修さんの経歴(プロレスとプロレス衣装)は?

たったおひとりで、国内のみならず

海外のプロレス団体からも、

コスチュームのオーダーが入るという

小栗修さんとプロレス・プロレス衣装の

関係・経歴は、どのようなものだったのでしょう?^_^

子どもの頃からプロレス好き!夢はプロレスラー

小栗修さんは“おばあちゃん子”

そのおばあさんがプロレス好きだった

ことで、物心つく前から、

いつもおばあさんと一緒に

プロレスを見ていたそうです。

中でも衝撃を受けたのは、

初代タイガーマスクで、

その華麗な技に魅了されたそうです!

そんなプロレス好き少年の小栗修さんが

小学5年の時、母が3万円もする

タイガーマスクの覆面を買ってくれたそうです。

「高価な覆面は、自分で買うことはできない」

思った小栗修さんは、買ってもらった

タイガーマスクの覆面の糸をほどいて、

型を確かめ、洋裁ができる母にミシンの

使い方を教わり、見よう見まねで

自分で手作りのプロレスマスクを

作るようになったそうです。

見よう見まねとはいえ、

やっていたことはパタンナーと同じです!

思い描いた理想のデザインの

洋服などの型紙を作り、裁断・縫製して

仕上げる「パタンナー」という職業は

普通なら専門に学ばなければ

身に付けられない技術です。

好きこそものの上手なれ…かもしれませんが

天賦の才もあったのかも!

当時は自分のジャージの布や、

古くなったボストンバッグの革などを

マスクの材料に使っていたそう^_^

小学校の卒業アルバムに書いた

将来の夢は「プロレスラー」だったそうです^_^

スポンサードリンク

転機が訪れた高校2年・二代目タイガーマスクとの出会い!

身長183cmと、恵まれた体格の

小栗修さん。中学・高校時代は

バレーボール部に所属し、

練習に励む傍ら、独学でプロレスの

マスク作りを続けていたそうです。

転機が訪れたのは、高校2年生の時。

地元茅ヶ崎で、二代目タイガーマスク

(故・三沢光晴氏)の撮影会が行われ、

あこがれの三沢光晴選手に

自作のタイガーマスクの覆面に

サインをもらおうと持って行ったところ

三沢選手(タイガーマスク)から

『俺のも作ってくれよ』

言われたそうです!

https://www.amazon.co.jp/

あこがれのプロレス選手から、じきじきに

頼まれたら、もうビックリを通り越して

涙が出るほどの大感激ですよね!^O^

小栗修さんは張り切って「やります!」

引き受けて、新しいタイガーマスクの

覆面を作り、三沢光晴選手は

実際に、小栗修さんの作った

マスクを被って、試合に臨んだそうです。

小栗修さんはサラリーマン生活と、人気レスラー達の
プロレスコスチューム作りを兼業、
そして独立!
気になる年収は…?!……続きは次のページをどうぞ!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする