岡昌おかしょう裏地ボタン店の場所はどこ?創業明治30年!バブル期は10億の値も!ニッポンのミカタ

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

7月31日放送の「たけしのニッポンのミカタ」

「秋葉原に建つ古いお店は何?」で、

岡昌裏地ボタン店さんが紹介されます。

一昔前は電気街、今はオタクの聖地?の

秋葉原ですが、更にそれより昔は

江戸時代から古着の街

明治から昭和にかけては繊維関係の

問屋街に変化。

紳士服をオーダーメイドで作る

テーラーさんや生地屋さんが

軒を連ねる、アパレルの街だったそうです。

今はすっかりテーラーのお店も

少なくなってしまったそうで

昔からあるアパレル系のお店で

残っている、数少ないお店の

岡昌裏地ボタン店さん。

気になる岡昌裏地ボタン店さんに

ついて調べてみました。

スポンサードリンク

岡昌裏地ボタン店の場所はどこ?

岡昌裏地ボタン店
住 所 東京都千代田区神田須田町2-15
電 話 03-3251-6440

岡昌裏地ボタン店さんの

建物の両側はビルに挟まれていて…

かなり趣深い外観ですね!^_^;

スポンサードリンク

岡昌裏地ボタン店さん、創業は明治30年!

岡昌裏地ボタン店さんの創業は

なんと明治30年(1897)年!

現在の店主・岡武夫さん(75〜76?歳)の

祖父の代から、この場所で営業を

しているそうです。

岡武夫さんの祖父は、この場所で

古着屋を始めたそうですが、

戦後、岡武夫さんの父が、

周辺にラシャ(羅紗:裏地)屋が

増えたことで、裏地・ボタンの

お店に転向。

岡武夫さんは3代目にあたります。

岡昌裏地ボタン店さんは

主にテーラー(仕立て屋)さん相手に

裏地や糸、ボタンなどを販売していて

岡昌裏地ボタン店さんに買いに来る

テーラーは、主に

医者、弁護士、財界人、政治家の

スーツを仕立てているそうです。

創業120余年の老舗、さすが

テーラーからの信頼も厚いのでしょうね!

創業は明治30年の岡昌裏地ボタン店ですが

大正12年(1923年)の関東大震災の

時に建物が焼けてしまい、現在の

建物は昭和3年(1928年)に建て直された

ものだそうです。

今年で築92年!1階は店舗と

同じくらいの住居スペース、3階は物置の

総ヒノキの木造3階建の建物だそうで

3代目店主の岡武夫さんは、火気厳禁で

タバコは吸わないそうです^_^

スポンサードリンク

岡昌裏地ボタン店さん、バブル期には「10億で売ってくれ」と打診も

岡昌裏地ボタン店さんが建つ

神田須田町は、交通の便が

良いことで、バブル期には

地価が高騰し、

「10億円で土地を譲ってくれないか」

との話もあったそうです!

結局、岡武夫さんの父は

土地を売らず、

今に至っているそうです。

バブル崩壊から

ずいぶん年月が

経った現在は、

土地の値段は1億円に

なったそうですが、

3代目の岡武夫さんも、

土地を売るつもりは

ないそうです^_^

スポンサードリンク

最近の岡昌裏地ボタン店さんは…

とはいえ、岡昌裏地ボタン店さんも、

周囲に多くあったテーラーさんが

減ってしまい、最近は

アクセサリー制作をする

個人のお客さんを相手に、

ボタンなどを販売することも

あるそうです。

ちょっと気になるのが、

岡武夫さんに続く4代目は

いるのかな?…ということです。

「ニッポンのミカタ」の

番組内で何か語られるかも

しれませんね。

最近は既製品のスーツを着る人が増え、

スーツを仕立てて着る人は激減していると

思いますが、以前記事にしました、

銀座の老舗乾物屋のように、

本当にいいモノを取り扱うお店は

時代が変わっても続いていって

ほしいと思います。

最後までお読み下さり、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする