カフェおきもと・建物の歴史と元所有者の沖本姉妹はどんな人で現在は?人生の楽園

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

11月14日放送の「人生の楽園」で

昭和初期に立てられた洋館・和館を

修繕してオープンした

「カフェおきもと」が紹介

されます。

「カフェおきもと」の建物は

戦前・昭和初期に建てられたもので

歴史的価値が高く、現在、所在する

国分寺市でも、国指定有形文化財指定を

目指しているそうです。

ちょっと気になる、「カフェおきもと」の

建物の歴史と、元所有者だった

沖本姉妹はどんな人で、現在どうして

いるのかを調べてみました。

スポンサードリンク

「カフェおきもと」になった、沖本邸の歴史

現在修繕されて「カフェおきもと」に

生まれ変わった沖本邸は、

洋館部分と和館部分に分かれていて

渡り廊下で繋がっています。

最初に建てられたのは洋館のほうで、

昭和7年(1932年)に、

広島県出身の貿易商・土井内蔵(どい くら)氏

別荘として建てられたそうです。

洋館を設計したのは、同貿易商の甥で

カリフォルニア大学で建築を学んだ川崎忍氏で、

コロニアル様式と呼ばれる

アーリーアメリカンスタイルの

木造2階建て。

簡素ですが、外観も内装もモダンで、

細部まで手が込んだ作り

なっているそうです。

コロニアル様式と言われるアーリーアメリカンスタイルの洋館
http://asacoco.jp/topnews/

建築から5年後、当時海軍少将沖本至氏

所有になり、沖本家になってから、

数寄屋造りの日本家屋を設けて、

渡り廊下で和洋館を繋げたそうです。

沖本家になってから建てられた数寄屋造りの和館。
戦時中の弾痕が壁に残っているそうです!
http://asacoco.jp/topnews/

今の時代でしたら、建築を学びに

海外留学…というのも

珍しくはないのかもしれませんが

戦前の昭和初期の話です!

貿易商の土井氏も、海軍少将だった

という沖本氏も、当時大変な

エリート&お金持ちだった!?

…と思われます^_^

スポンサードリンク

元所有者の沖本姉妹はどんな人?

沖本家で生まれ育ったのは三人姉妹

長女は早くに嫁ぎ、沖本至夫妻が

亡くなった後は、次女の京子さんと

三女の智子さんだけで暮らしてきた

そうです。

このお二人がまた凄い!!

次女で姉の沖本京子さんは、

東京女子医科大学を卒業し、

東大の大学院で博士号を取得して

医師に!

神経内科女医では、日本で

第一号だったそうで、

建物を相続した久保愛実さんが

引っ越してきた17年前には、

80代にして現役医師だったとのこと!

久保愛実さんのご主人の幸祐さんも医師だそうで

沖本京子さんから「90歳になっても

現役を続けたい」と相談を受けて、

仕事先を紹介したことも、何度も

あったそうです。

三女で妹の智子さんは、自宅でピアノ教室を

開いていたとのことですので

詳しくはわかりませんが、

おそらく音大を卒業されたのでは

ないでしょうか。

沖本姉妹が大学で学んだのは

おそらく80年ほど前、戦中か、

大戦直後のことだと思われます。

この時代にこういったエリート&

お嬢様コースを歩いていたとは

沖本家も凄い家系だなと

思ってしまいます。

スポンサードリンク

元所有者の沖本姉妹は今どうしてる?

姉の沖本京子さんは、94歳で

病気入院し、その際に

相続する人間がいないからと

久保愛実さんに、両親が大切に

してきた洋館と和館の相続を

依頼しました。

その後、沖本京子さんは2016年に

97歳で他界されました。

残された妹の智子さんは

現在99歳!

施設に入所中だそうですが、

お元気でいらっしゃるそうです。

沖本姉妹・沖本家が愛した沖本邸。

高齢の女手では、家屋の修繕など

おそらく手が行き届かなかったのでしょう、

久保愛実さんが相続した時は

あちこちボロボロで、修繕には

家1軒建つ程の費用がかかったそうです。

修理中の沖本邸洋館と久保愛実さん
https://www.tokyo-np.co.jp/article/56047

久保愛実さんは、「工事が終わったら

智子さんに見てもらいたい」

語っていたそうです^_^

生まれ変わった沖本邸・「カフェおきもと」に
ついてはこちらをどうぞ!

両親から受け継ぎ、守ってきた

沖本邸が、綺麗に修理され

カフェのお客で賑わっている

光景を見たら、妹の

沖本智子さんにとっても

本当に嬉しいことでしょうね^O^

「人生の楽園」には、
こんな方々も 出演されました!

沖本家の思いや、歴史的な価値のある

建物を、相続した久保愛実さんの

お気持ちも、いたみいるものがあります!

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする