大坪誠おおつぼまこと(アスカネット)の経歴・学歴は?嫁や子どもは?失敗した事業は何?情熱大陸

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

10月25日の「情熱大陸」に、

タッチパネルに触れる必要がない

SFのような、非接触の

空中ディスプレイの開発者・

大坪誠さんが登場されます。

探究心が豊かで妥協を許さず、

とことん考えて実行する性格で

次々と特許技術を開発し、

周囲からは「天才」と呼ばれている

そうです。

天才・大坪誠さんの経歴や学歴などを

調べてみました^_^

スポンサードリンク

大坪誠さんの経歴は?

大坪誠さん
https://www.mbs.jp/jounetsu/2020/10_25.shtml

  • 大坪誠(おおつぼ まこと)
  • 1955年 長崎県五島市生まれ 65歳(2020年10月現在)
  • 技術系の大学に進学
  • 卒業後、鉄鋼関係エンジニアリング会社で電子部品関係の開発に携わる
  • 2011年、空中結像技術(空中ディスプレイ)の実用化を目指し、広島県のベンチャー企業「アスカネット」に入社。
  • アスカネットで空中ディスプレイの実用化に成功

“天才”の異名を持つ

大坪誠さんの学歴が気になりましたが

「技術系の大学」ということ以外に

情報がありませんでした。

大坪誠さんが、SF映画の世界のような

非接触の「空中ディスプレイ」の

アイディアを思いついたのは、

なんと新幹線の車内だったそうで、

『車窓を流れる景色を、別の場所で

見ることができたら楽しいだろう』

考えたことが発端だったそうです!

凄いアイディアマンですね!

車窓を流れる景色を見て、

『別の場所で見れたら…』と

考えてしまうところが天才と

呼ばれる人の発想なんですね^O^

パネルにタッチしなくても、立体感のある映像が動く!

SFの世界ですよ〜!凄い!

特に今年は新型肺炎で、

感染防止の観点からも

大坪誠さんの開発した

非接触の空中ディスプレイは

世界から大きな注目を

集めているそうです!

実用化には成功していますが、

商品化にすることはまだ

容易ではないため、さらに

精度を上げるため、若いスタッフと

共に、天才・大坪誠さんは

奮闘を続けているそうです^O^

スポンサードリンク

大坪誠さんに嫁や子どもは?失敗した事業とは?

そんな天才・大坪誠さんですが、

意外にもかつて事業に大失敗し、

何もかもを失って、現在は

お一人暮らしなんだそうです。

ということは、以前は奥様やお子さん、

ご家族がいらしたのかもしれませんね。

ちょっと気になるのが、大坪誠さんが

かつて大失敗したという事業は

何なのか……なのですが、

調べてみましたが、具体的な情報が

ありませんでした。

ただ、アスカネットに入社する前、

「3D関係のベンチャーを起業し、

空中結像技術の開発を開始」したと

いうプロフィールがあります。

もしかしたら、大失敗してしまったという

事業は、自ら起業した、この3D関係の

事業だったのかもしれません。

会社の経営と、技術者としての研究・開発は

別の仕事ですから、現在在籍している

アスカネットでは、経営のことは

経営者にまかせて、ぜひ技術開発や

研究に没頭して、SFの世界のような

画期的な技術を生み出して欲しいですね!

最後までお読みくださり、

ありがとうございました。

Ciqua
フィング・ISE・Zucks

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする