ペットレスキュー(藤原博史)の依頼方法や値段は?口コミ評判は?どんなペットでもいいの?情熱大陸

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

8月9日の「情熱大陸」に出演される

ペット探偵歴25年のベテラン・藤原博史さん

代表を勤める、「ペットレスキュー」。

これまで3,000件以上の依頼を受け

発見率は7割(猫に限っては8割の成功率)

ペット探偵業社の草分け的な

存在です。

もしあなたの、私の飼っているペットが

行方不明になってしまったら……?

ペットレスキューの依頼方法や値段、

口コミの評判などをまとめてみました。

スポンサードリンク

ペットレスキューの依頼方法は?

ペットレスキューへの依頼は、

まずフリーダイヤルで状況を

説明し(0120-73-1020

実際に依頼した場合には

担当者が依頼者の自宅に訪問して

聞き取りを行い、

最も効果的な捜索方法のための

カルテを作成し、捜索作業を

始める流れになります。

日本全国へ出張してくれる

そうですが、交通費は別途

経費として必要になるそうです。

また、実際に依頼した場合、

すぐに作業にとりかかれる場合も

ありますが、別の捜索中だったり

予約で埋まっている場合は、

捜索方法のアドバイスなどを

出来る限り電話でサポートして

下さるそうです。

ペットレスキュー
住 所 神奈川県藤沢市大鋸3-7-32
電 話 0120-73-1020
問い合わせメール petrescue@live.jp
ウェブサイト https://www.rescue-pet.com/

スポンサードリンク

ペットレスキューに依頼した場合の値段は?

ペットレスキューに依頼した場合の値段は、

1日単位で設定されていて、

  • 捜索時間:1日8時間
  • 1日作業料金30,000円+税+経費

経費には、チラシ・ポスター作成、

コピー代金、交通費が含まれます。

ペットレスキューは日本全国からの

依頼を受けていますが、その際には

出張費と宿泊費も加算されます。

また、ポスター撤去作業等は、

日数分の経費が必要だそうです。

ちなみに、私の近所で、

以前どこかのペット探偵の業社が

迷いインコのポスターをあちこちに

貼っていて、結局飼い主さんが

自力で発見したものの、

業社が貼ったポスターを剥がすのを

怠って、見つかった後も

Twitterで迷子情報がやたらと拡散し

(発見されているとは知らず、

私も拡散しましたf^_^;;)

飼い主さんが

『業社に何度も言っているのに

なかなか全部回収してくれず困っている。

見つけたら剥がしてくれて

構わない』とわざわざ連絡をくれたことが

ありました

(その時の写真)

結局、その1週間後になっても、

まだポスターが貼られたままだったので

私が勝手に回収しました。

ペット探偵の業社はいくつか

ありますが、アフターフォローを

きちんとやってくれるかどうかも

確認したいところですね^_^;

尚、捜索予定日前日からは

キャンセル料が発生し、

基本33,000円のキャンセル料設定に

なっており、チラシは外注のため

注文後のキャンセルは不可

なっています。

スポンサードリンク

ペットレスキューの口コミ評判は?

ペットレスキューには年間200件の

依頼があり、そのうち7〜8割の

依頼を成功させているので、

かなり評判がいい会社と思われます。

ここ数年は全国から依頼が殺到していて

実際に捜索を引き受けられるのは1割程度で

大半は電話でのアドバイスにとどまる

そうですが、それでも飼い主さんから

とても感謝されるそうです。

また料金設定も、他のペット探偵業社は

3日単位で10万円…などと高額な

プランに対して、ペットレスキューは

1日単位での依頼が可能なのは

依頼者にとっても利用しやすい

料金設定だと思います。

ペットレスキューのウェブサイトにも

無事に帰ってきた迷子ペットと

飼い主さんとの、嬉しそうな

写真がたくさん公開されています^_^

スポンサードリンク

ペットレスキューはどんなペットでも探してくれる?

調べてみたところ、

ほとんどのペットの依頼を

受け付けているようです。

詳しくは電話での相談に

なると思いますが、

犬・猫の他、フェレット、

プレーリードッグ、ウサギ、

小鳥をはじめ、なんと

タランチュラクワガタ

探してほしいという

依頼も受けたそうです!

クワガタはともかく、

タランチュラは、見つけたとしても

捕獲するのが怖いですよねf^_^;;;

関東以外の方には、探偵さんの

宿泊費なども含めて高額に

なってしまいそうですが、

大事な家族の一員のペットが迷子に

なってしまった時、ペットレスキューに

相談してみるのも

ありなのではないでしょうか?

最後までお読みくださり、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする