クリスマスケーキは買う?作る?伝説の極上スポンジケーキレシピ

スポンサードリンク



イベントづくしの年末年始到来

師走12月になるかならないかといううちに、あっという間に世間は年末年始色一色🎄🎍
年賀状や喪中はがき印刷・おせち料理の予約受付は11月頃にはもう始まっていましたし、最近は特にクリスマスムードが色濃くなってきたように思います。

クリスマス、忘年会、お正月、新年会………と、イベント目白押しの年末年始。

NYロックフェラーセンターの特大ツリー点灯(13/12/05)



キリスト教徒でもないのにクリスマスを祝ったかと思ったら、お寺で除夜の鐘を鳴らし、続いて神社へ初詣……^^; などと、変わり身の早いイベント好きの日本人の不思議な光景かもしれませんが、1年、特に今年は御代替わりの新しい年でもありました。年末年始、パーッと華やかに騒いで楽しむのも悪くないと思います🥳

クリスマスケーキは、買う派?自作派?

クリスマスパーティーに欠かせないもの、、、と言えば、やはりフライドチキンにクリスマスケーキ、プレゼントにクリスマスツリー……と数え切れませんが、この記事を読んでいる方は、クリスマスケーキはお店で買う派でしょうか?自分で作っちゃう派でしょうか?


普段お菓子作りに慣れていて、上手な方はササッと作ってしまうかもしれませんが、オーソドックスなケーキに欠かせないスポンジを上手に作るのは、特段の修行?を積んでいない普通の人にとっては

ケーキ作りの最難関


と言ってもいいかと思います…


レシピ通りにやっても、ペシャンコになってしまったり、ボソボソになってしまったり……上手に作るのは、かなり難しいと思います。

しっとり極上のスポンジが焼ける、革命的な伝説のレシピがある

普通、スポンジケーキのレシピと言ったら、卵と砂糖を泡立てて、白っぽくなったら小麦粉を振り入れて……といった流れが一般的なレシピだと思いますが、スポンジケーキの作り方に研究に研究を重ねたあるブロガーさんがたどり着いた、誰も考えつかない、しっとりふわふわ・極上のスポンジケーキが焼けるレシピがあります。

ブロガーさんの名は「くにまんが」さん(ブログ「くにまんが日記」)。その革命的なレシピは書籍にもなり、現在もブログで公開されています

※書籍版は現在マーケットプレイス(古本)でのみの取り扱いのようです

天ぷら粉、浮き粉、ハンドミキサーのメーカーまで研究

材料は卵、砂糖、粉類のみとシンプルながら、使う粉はなんと

天ぷら粉と「浮き粉」(←超薄力粉)

これらの材料で、

「お店のケーキよりずっと美味しい!」
「不器用な自分でも超簡単に作れました!」
「『お店で売れるよ!』と友達のお墨付き」
「もうこのレシピ以外では作りません!」

(書籍版ジャケットより引用)…と、

絶賛の嵐

くにまんがさんのブログより拝借しました。
きめ細かくとろけるようなスポンジ生地!



ブログや書籍内の素敵なイラストも、ご自身で描かれています^^

ご自分の納得のいくスポンジケーキ、ふわふわと柔らかく、とろけるようなきめの細かさを追い求めて、粉の成分の研究から、ハンドミキサーのメーカー別のパワーやビーター(泡立て部分の形状)の違いまで研究・実験をされています。


スポンジケーキ用の型を使わず、天板にクッキングシートを敷いて生地を広げ、焼き上がった後に丸やスクエア等好みの形に切る方法で、この作り方でロールケーキを作ることもできます。これもまた絶品!


ブログで話題になっていたのが2006年頃で、当時私は全然別のネタでブログをやっていたのですが、知り合ったブロ友さんの多くが、くにまんがさんのスポンジケーキレシピで、お子さんのバースデーケーキや、おもてなしのロールケーキ等を作っていて、やはり「もう他のレシピでは作れない!」…と言っていました。


くにまんがさんのブログで「レシピ完全版」をまとめておられますが、当時こっそり覗き見していたわたくし、13年越しにリンクを張らせて頂きたいと思います。

「目からウロコのスポンジケーキ」(6記事)

「★目ウロコスポンジレシピ!!★」(カテゴリ・24記事:書籍化に至るまでのエピソード・おすすめのハンドミキサーについても綴られています)

ロールケーキもお手軽に作れるなら、ブッシュ・ド・ノエルも自宅で美味しく作れそうですね!😋


スポンサードリンク

伝説のレシピで、今年のクリスマスケーキは手作りはいかが?

ブロガーの間でこのレシピと書籍が話題になったのが2006〜07年と古く、書籍も絶版になっているようなので、くにまんがさんのスポンジケーキレシピを知らない方も多くなったと思います。
cookpadでスポンジケーキのレシピを検索してみても、天ぷら粉や浮き粉を使う、くにまんがさん流の独特な作り方は見つかりませんでした。

書籍は内容がブログより更に充実しているようですが、Amazonのマーケットプレイスでも在庫があまりないようですので、気になった方はご検討されてみてもいいのでは?と思います🎂

大切な人の、

「美味しい!🎁」

…の声が聞かれますように!

※この記事投稿にあたり、リンクや画像の拝借など、くにまんがさんに許可を頂こうと思ったのですが、非公開コメントにNGワードが含まれているとエラーになってしまい、ブログにメールフォームなどが見つけられなかったため、こちらの記事はレシピ開発者のくにまんがさんに無断でのご紹介になります。
ご了解を頂いてから記事公開をしたかったのですが、すべて事後報告になってしまうこと、くにまんがさんにお詫び申し上げます。