茶房のの(足利・実家から古民家カフェへ)行き方や人気メニュー・評判は?人生の楽園

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

2月6日放送の「人生の楽園」では

栃木県足利市で、築70年の実家を

改修して古民家カフェ「茶房のの」

オープンさせた、室井恵子さん

紹介されます。

この記事では、

「茶房のの」とは?

「茶房のの」の行き方(アクセス)は?

「茶房のの」の人気メニューは?

「茶房のの」の評判は?

…などをまとめてみました。

スポンサードリンク

「茶房のの」とは?

「茶房のの」店舗外観と内観
https://www.google.com/maps/

「茶房のの」は、この建物で

生まれ育った、オーナーの

室井恵子さん(52歳)が、

空き家状態になっていた実家の

建物を改修し、2019年5月・

室井恵子さんが50歳の時に

オープンさせた古民家カフェです。

店名の「のの」には

んびり、んびりしてほしい」

という意味が込められているそうです^_^

オープン当初は、高校時代からの

親友で料理好きな廣田由紀枝さん

2人で切り盛りしていました。

右が室井恵子さん、左が高校時代からの親友・廣田由紀枝さん
https://ashikaga.keizai.biz/

オープン当初はランチメニューも

充実していたそうですが、

オープンから半年後、シェフを

つとめていた廣田由紀枝さんが

親の介護のために店を離れることになり、

更に新型肺炎の影響で、一時休業を

余儀なくされました。

その後、メニューを甘味に限定し、

オーナーの室井恵子さんおひとりで

2020年10月に「茶房のの」を

再オープンさせ、現在に至ります。

また、カフェ営業の他、「お部屋貸し」

サービスもあり、テレワークや趣味の会、

撮影やレッスン、ワークショップなどの

フリースペースとしての利用も

可能です^_^

(お部屋貸しでは、食事の持ち込み可!)

スポンサードリンク

「茶房のの」の行き方(アクセス)は?

茶房のの
住 所 栃木県足利市八幡町248-4
電 話 0284-55-6784
営業時間 11:30〜17:00(ラストオーダー)
18:00〜21:00(要予約)
定休日 【甘味処】金土・第3日曜日
【お部屋貸し営業日】金土及び平日の夜(要予約)
アクセス 足利市駅から徒歩~約15分
野州山辺駅から徒歩~約15分
足利駅から徒歩~約25分
駐車場:3台分あり
ウェブサイト https://foodplace.jp/sabou-nono/

スポンサードリンク

「茶房のの」の人気メニューは?

「茶房のの」の人気メニューを調べてみました。

和スイーツ中心の「茶房のの」ですが、

1日1組(2人分)で期間限定(5月まで)の

「アフタヌーンティー」(3,000円)が、

豪華で見栄えもよく、人気メニューだそう!

「茶房のの」のアフタヌーンティー!
季節のフルーツサンドやワッフルにマカロンと、
かなり豪華で、インスタ映えしますね!^m^
https://www.google.co.jp/maps/

また、色々な甘味を

少しずつ味わえる「お茶会」も

人気メニューのようです!

お茶会(840円)

季節限定お茶会

※値段はすべて税込価格

カフェ&フリースペースの他に、

「茶房のの」では、チマチョゴリを

試着して撮影会をするサービスもあります。

新型肺炎以前は、カフェ利用の人も

利用できたようですが、

現在は「お部屋貸し」利用の人のみの

サービスになっているようです。

カラフルなチマチョゴリ、髪飾りなどから好みのスタイルを
選べるそう。男性用やお子さん用の衣装もあるそうです。

スポンサードリンク

「茶房のの」の評判は?

「茶房のの」は甘味メニューも

美味しいと評判ですが、

築70年の民家を改装し、店内に

入る時にも靴を脱いで上がるそうで

『まるで実家にいるみたい』

『生まれた家にいるような気がして

落ち着く』

『ゆっくり、のんびりできるカフェ』

と、癒やされる雰囲気がお客に

好評のようです^O^

オーナーの室井恵子さんも、

「『癒やされた』と言ってもらえたら」

「店を拠点にさまざまな情報発信を
していきたい」

と語っているそうです。

ご実家をリノベーションした古民家の

癒やし効果は大成功のようですね!

スポンサードリンク

行ってみたい!「茶房のの」

「人生の楽園」で紹介される

実家をリノベーションしてオープンした

古民家カフェ「茶房のの」について

調べてみました。

新型肺炎の影響で一時休業されて

いたようですが、現在は

検温や手指の消毒も徹底し、

メニューも厳選して営業して

いるそうです。

外出自粛など、殺伐とした

雰囲気が続く中ですが、

「茶房のの」の雰囲気や

優しい味の甘味には

癒やされそうですね^O^

機会があれば、是非足を運んでみたいです^_^✨

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

Ciqua
フィング・ISE・Zucks

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする