埼玉で他人の飼い犬パピヨン蹴り逮捕の男の名前や顔写真は?ノーリードの飼い主は無罪?

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

埼玉県川口市で、ランニング中の男が

他人が散歩をさせていた

メスの12歳のパピヨンを複数回蹴り、

犬が亡くなるという痛ましい事件が

ありました😢

この記事では、

埼玉県で起きた他人の飼い犬に暴行を加えた事件の概要

逮捕された男の名前や顔写真は?

また、

ノーリードで散歩していた飼い主は罪にならない?!

…などをまとめてみました。

スポンサードリンク

埼玉県川口・他人の飼い犬に暴行を加えた男が逮捕<事件概要>

他人の飼い犬を蹴った疑い ランニング中、男逮捕

他人の飼い犬を蹴ったとして、埼玉県警は同県川口市の男(47)を動物愛護法違反の疑いで逮捕した。

調べに対して男は容疑を否認し、「犬がぶつかってきただけ」などと述べているという。罰則を強化した6月施行の改正法を適用しての逮捕は県内初という。捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、男は12日午前11時55分ごろ、同市鳩ケ谷緑町1丁目の芝川河川敷で、市内の70代男性が飼っていた散歩中のパピヨン1匹(12歳、メス)を複数回蹴るなどした疑いがある。パピヨンは頭の骨が折れるなどしていたという。

男は当時ランニング中で現場から立ち去ったが、目撃情報などから浮上した。パピヨンはリードが付いていない状態で、飼い主の手から離れていたという。

(朝日新聞より・一部表現を変えています)

複数回も蹴られたパピヨンは

頭蓋骨を骨折し、命は助からなかったそうです。

スポンサードリンク

逮捕された男の名前や顔写真は?

逮捕された47歳の男の名前や

顔写真は、今のところ明らかに

なっていません。

【追記】

事件を目撃した人が撮影した

加害者男性の写真がありました。

顔や名前はやはり非公開の

模様ですが、近隣にお住まいの

方々には、見る人が見ればわかる

風体のようですね……(-_-;)

https://www.fnn.jp/

ランニングをしていたのが、

川口市鳩ケ谷緑町1丁目

芝川河川敷とのことなので、

この周辺に住んでいる住民と

思われます。

GoogleMapより

続報がありましたら追記したいと

思います。

スポンサードリンク

ノーリードで散歩させていた飼い主は罪にならない?

どのような状況で、小型犬の

パピヨンが複数回蹴られたかの

情報がありませんが、パピヨンに

危害が加えられた際、

飼い主は河川敷をノーリードで

散歩させていたそうです。

危害を加えた男が逮捕されるのは

もっともだと思いますが、

犬をリードをつけずに散歩させて

いた飼い主は、罪に問われないのでしょうか?

動物愛護法に厳密に照らせば、

犬にリードをつけずに散歩させるのは

法律違反になります。

◯動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)

 第三章 第一節 第七条 1項

動物の所有者又は占有者は命あるものである動物の所有者又は占有者として動物の愛護及び管理に関する責任を十分に自覚して、その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努めるとともに、動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、生活環境の保全上の支障を生じさせ、又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない。

https://elaws.e-gov.go.jp/

つまり、今回亡くなったパピヨンの

飼い主は、リードをつけずに

散歩をさせていたことで、

愛犬の安全を守る義務を怠った

ことになります。

個人的な意見ですが、

リードをつけずに犬を散歩させるのは

潜在的な危険に晒すという意味で

虐待と同じと思っています。

逮捕されたのは、危害を加えた

47歳の男だけですが、

愛犬を危険に晒した状態で

散歩をさせていた飼い主も

加害者と言えるでしょう。

飼い主が犬をつなぐリードは、

犬の安全を守る命綱なのですから。

愛犬を亡くした飼い主さんは、
 ご自身が『被害者』だと思わないで頂きたいですね。
被害者は唯一、亡くなったパピヨンです。

もしも、パピヨンに暴行し逮捕された男性が、

動物愛護法に照らして、飼い主としての

保護義務を疑う訴訟などを起こしたら、

立場が逆転してしまうかもしれません。

2020年6月に、動物愛護法の

罰則が強化されたそうですが、

今回のようなケースで、

飼い主は無罪放免になるのは

ちょっと納得がいかない

ところです……(´・_・`)

もしこれが逆に、犬が人間に

危害を加えた事件であれば、

逮捕されたのは飼い主の

ほうだったかと思われますが、

一番かわいそうなのは

命を落としたパピヨンです😢

スポンサードリンク

年配の方には特に多い『うちの犬は大丈夫』は危険!

今回の埼玉の事件も、飼い主は

70代と高齢の方ですが、

年配の方は特に、

『リードなんかつけたら犬がかわいそう』

『自由に歩かせてあげたい』

『うちの犬はおりこうだから大丈夫』

…といった、根拠のない自信

持っている方が多いです。

(私も犬と暮らしていますが、

ちょっと問題を感じる散歩の

させかたをしている人は、

年配の方が多い傾向があります)
※↑個人的な感想です。

暴行を加えられたパピヨンの

飼い主の男性は、

リードをつけるのはルール

知っていたけれど、(事件時には)

放して散歩していた」と語っているそうですが

愛犬にリードをつけて散歩をするのは、

「ルール」ではなく、

愛犬の安全を守るための

飼い主の「義務」です。

スポンサードリンク

世の中には犬が苦手な人も

いますし、十分にしつけられた

犬でも、思いがけない行動

することがあります。

犬界のエリート・警察犬でも
こういったケースがありました。
しかもこの件では、リードが
つけられていたにも関わらず、です。

また、人やどうぶつに対して

危害を加えることに

罪悪感を持たない人間もいます。

そういった、おかしな人物から

愛犬を守るための命綱

リードでつなぐことなのですから。

今回亡くなったパピヨンも、

犬嫌いの男性にむかって

飛びついていった可能性も

なくはありません。

(だからといって、危害を

加えていいということは

ありませんが!)

無責任とも言える飼い主に

何のお咎めもないのは

個人的にちょっと納得がいかない

思っています…

これは私の、本当に個人的な意見ですが、

亡くなったパピヨンの飼い主は

愛犬の安全を守るという

最重要な義務を怠った。

もう二度と犬を飼ってほしくないです。

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする