酒井伸吾さかいしんご(羊)経歴・高校大学は?嫁や子どもは?プロフェッショナル

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

11月10日放送のNHK「プロフェッショナル」で

北海道白糠(しらぬか)町で

羊飼いを営む酒井伸吾さん

紹介されます。

酒井伸吾さんは、

「羊のすべてを知る白糠の名人」とも

呼ばれるほど、羊肉・羊毛・羊皮と、

羊のすべてを知り尽くした

羊飼いとして、知る人ぞ知る方

なのだそうです!

羊飼い・酒井伸吾さんの経歴や、

出身校、ご結婚はされているかなどを

調べてみました。

スポンサードリンク

酒井伸吾さんの経歴

酒井伸吾さん
NHKより)

  • 酒井伸吾(さかい しんご)
  • 1971年 北海道函館市生まれ
  • 2001年から「羊まるごと研究所」で羊飼いになる

酒井伸吾さんは大学在学中に

羊と出会い、農家の手伝いで

得た羊毛での糸紡ぎに夢中になり、

その頃から「羊飼い」が夢

なったそうです。

大学卒業後は、2年間牧場で

働いた後、モンゴルに渡って、

9ヶ月間遊牧民と生活を

共にします。

帰国後、大学の先輩が

営んでいた「茶路めん羊牧場」で

2年間勤務したのち、

2001年に和天別の牧場を

譲り受け、「羊をまるごと

あなたのために」をスローガンに

羊牧場『羊まるごと研究所』

開き、念願の羊飼いになられました。

スポンサードリンク

酒井伸吾さんの牧場では、

日頃から羊を注意深く観察し、

配合資料の内容も、羊の

様子を見ながら、細かく

調整しているそうです。

酒井伸吾さんがモンゴルで

遊牧民生活を送った経験は

とても大きな影響だったようで、

「羊には衣・食・住のすべてを

まかなうポテンシャルがある」

語り、酒井伸吾さんにとっては

羊は「尊敬の対象」ですら

あるそうです。

確かに、遊牧民のモンゴルは

「衣」には羊毛や羊皮が使われ

「食」には羊肉や羊のミルクを、

「住」のゲルには羊毛が使われています。

9ヶ月間モンゴルで生活した

酒井伸吾さんは、モンゴル語も

堪能で、時にはモンゴル料理の

教室も開いているとのことです^_^

スポンサードリンク

酒井伸吾さんの高校や大学は?

酒井伸吾さんの出身高校は

地元函館の北海道函館北高等学校

大学は帯広畜産大学畜産管理学科

卒業されています。

酒井伸吾さんに嫁や子どもはいる?

酒井伸吾さんはご結婚されていて

4人のお子さんがいます!

お子さんたちも、羊たちの

世話などを手伝っているそうです^_^

2015年の酒井伸吾さん一家の写真
https://www.huffingtonpost.jp/takeshi-inomoto/shepherd_b_6551646.html

奥様の名前は啓子さんで、

2015年の時点でお子さん達は

小1〜中2の4人きょうだいだった

そうですので、現在は

小6〜大学1年?になって

いそうですね。

生まれ育った環境が羊牧場

ですから、お子さんたちも

もしかしたら酒井伸吾さんと

同じ、畜産系の進路を

選んでいるかもしれませんね。

スポンサードリンク

日本では羊肉の自給率がわずか

0.6%で、ほとんどの羊肉は

輸入されたもの。

羊肉と羊毛の生産で生計を

立てている畜産農家も

国内ではごくわずかだそうです。

日本では数少ない「羊飼い」の

酒井伸吾さん。「プロフェッショナル」で

牧場のどんな様子が紹介されるか

楽しみですね^O^

最後までお読みくださり、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする