島田旭緒(動物義肢装具士)会社はどこ?値段や注文方法は?チェンジザワールド

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

4/22放送の「チェンジ・ザ・ワールド」に

病気や事故で身体が不自由になった動物のため

オーダーメイドで義足やギプスを作る、

日本初の動物専門の義肢装具士・島田旭緒さん

登場されます。

(出典:https://www.bs-asahi.co.jp/)

人間では当たり前の、身体の不自由な部分を

補う義肢や装具も、動物用となると

教科書もお手本もない世界……

島田旭緒さんは、技術・経験・知識を

積み重ね、すべてオーダーメイドで

動物用の義肢装具を作り上げているそうです。

ペットを飼う人が増える中、

愛犬や愛猫を家族と同じパートナーと

考えて、できる限りのことはしたいと

考える飼い主も多いと思います。

足が不自由な動物のために、

動物用の車椅子というのは

以前よりも多くなってきましたが

きめ細かいオーダーメイドの義肢装具

作る会社は、島田旭緒さんだけではないか?…と

思います。

島田旭緒さんの会社の情報、製品の種類や値段、

注文方法などをまとめてみました。

スポンサードリンク

島田旭緒さんの会社情報

島田旭緒さんの動物専門義肢装具の

会社はこちらです。

東洋装具医療器具製作所
住 所 東京都町田市根岸2-26-40
電 話 042-793-1002
メール zar20890@yahoo.co.jp
ウェブサイト http://www.toyosogu.com/

島田旭緒さんの会社の製品と値段は?

島田旭緒さんが制作される製品には

コルセット
(フルオーダー)
2週間以上の長期固定用。装着したまま排泄可能。自宅で洗濯可。全国販売可能。
(胸腰椎の長期固定 後肢の跛行・不全麻痺の助補)
コルセット
(既製品)
2週間以内の短期固定用。すぐに胸腰椎を固定したい場合や、少しの間だけ固定したい時に利用可。
フルオーダーコルセットに比べ装着が難しいため、日常的な長期固定には不向き。
(胸腰椎の長期固定 後肢の跛行・不全麻痺の助補)
カラー
(フルオーダー)
頸椎の長期固定用。全犬種対応。
フルオーダーのため、地域限定制作(東京・神奈川・埼玉)
手・足・
その他の装具
すべての動物にコルセット・装具を製作(製造不可能な動物・病気もあり)
フルオーダーのため、地域限定制作(東京・神奈川・埼玉)

気になるお値段ですが、

ウェブサイト上では各商品に

値段は明示されていませんでした。

開発に2年かかったという、

既製品のコルセットは動物病院向けの

商品と思われます。

犬・猫にしても、超小型から大型まで、

身体の各部分のサイズも様々で、

ほとんどがオーダーメイドで製作

されるため、値段はそれぞれに

違うようです。

ある情報では、左足の先端を

事故で失ったラブラドールレトリバーの

義肢装具の値段は、約4万円〜だったそうです。

また、約4万円から10万円、製作期間が1週間

という情報もありました。

おおよその目安になるかもしれません。

スポンサードリンク

島田旭緒さんの動物用義肢、注文方法は?

島田旭緒さんの動物用義肢の注文は、

主にかかりつけの獣医師さん経由での

依頼となるようです。

(出典:http://www.toyosogu.com/qa.html)

また、問い合わせは

電話(042-793-1002)またはウェブサイトの

お問い合わせフォームから可能のようです。

義肢装具の種類によっては、地域限定での

注文受付になるかもしれません。

ひとつひとつ手作りのオーダーメイドなので

致し方ないのかもしれません。

(出典:https://times.abema.tv/)
不自由な足の子の歩き方なども考え、
石膏で足型をとり、紙をあてて
型紙を作っていく作業。
擦れて足の負担にならないよう、
ミリ単位で調整していくそうです。

調べた限り、注文は獣医師経由での

依頼としかわかりませんでした。

もし気になる方は、かかりつけの

獣医師さんに相談してみては

いかがでしょうか…?

スポンサードリンク

島田旭緒さんの経歴

  • 島田旭緒(しまだ あきお)
  • 神奈川県藤沢市出身
  • 神奈川県根岸町在住
  • 39歳(2019年12月時点の情報)
  • 藤沢翔陵高校卒
  • 2000年、早稲田医療専門学校義肢装具学科入学、国家資格取得。
    卒論のテーマは「動物用の義肢装具について」。
  • 2005年 株式会社エニー(藤沢市・義肢補装具製作会社)
  • 2007年 東洋装具医療器具製作所を設立
  • 既婚、小学3年の息子一人と4引きの犬と暮らす。

高校卒業後に、人間用の義肢装具専門学校に

進学したのは、島田旭緒さんの

お祖父様が、勤め先の工場で鉄の破片で

片目を失明して義眼を入れていたことと、

プレス機で手を挟んで指が全部なかったことが、

義肢装具士を目指すきっかけであったそうです。

2007年の開業直後は、月の売上が1、2万円の

日々が半年ほど続き、別の仕事をしていた

奥様の「ヒモ」のような状態だったそうです^_^;;;

そして開業から13年経った今は、

これまで2万件、年間3,000匹のペースで、

動物たちを支えているそうです。

スポンサードリンク

今まではすべて手作りでしたが、現在は

慶応大学と共同で、

3Dプリンタを使って

安価で入手しやすい

装具づくりに挑んでいるそうです!

名古屋、大阪、福岡などに月一で出張、

獣医学校でのセミナー、

学会発表やメディア出演と、

多忙な日々を送って

いらっしゃいます。

事故、病気、怪我で、

足の切断を余儀なくされたり、

歩けなくなってしまう

動物は少なくありません。

特に犬は、歩けなくなると

たちまち老化が進行して、

生きる気力をなくしてしまうと

聞いたことがあります。

島田旭緒さんの動物用義肢装具づくりが

さらに大きく広がる

事業となりますよう

ご活躍を願っています!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする