春風亭ぴっかりの経歴や学歴は?かわいいけど結婚して旦那(夫)や子どもはいる?有吉反省会

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

4月3日放送の「有吉反省会」に

女性落語家の春風亭ぴっかりさんが

出演されます!

なんでも、師匠である春風亭小朝さんに

たびたび嘘をついてきたことを

白状するそうですね^_^;;;

(白状してもいい嘘なのかな?)

女性落語家さんですが、

かわいらしい方ですね!^O^

気になる春風亭ぴっかりさんの経歴や

旦那様やお子さんはいるのか

調べてみました。

スポンサードリンク

春風亭ぴっかりさんの経歴は?

春風亭ぴっかりさん
https://natalie.mu/

  • 春風亭ぴっかり☆(しゅんぷうてい ぴっかり)
  • 本名:高橋由佳(たかはし ゆか)
  • 1981年5月13日生まれ 39歳(記事投稿時0
  • 東京都出身
  • 所属事務所:東宝芸能

今年の誕生日で40歳になる春風亭ぴっかりさんですが

人前に出るお仕事柄か、ずっとお若く

見えますね!

幼少時からミュージカルが好きだったという

春風亭ぴっかりさん。

落語家になる前は、舞台女優を目指し、

演劇倶楽部『座』に研究生として

在籍していたそうです。

この研究生時代に、カリキュラムの

講師として来ていた落語家の

鈴々舎馬桜(れれいしゃ ばおう)さん

講義で、古典芸能、落語に触れ

これをきっかけに、本格的に

落語家を目指し、2006年、25歳の時に

春風亭小朝さんに入門したそうです。

2007年2月にに初高座、同年6月に前座に。

2011年11月に二ツ目に昇進したそうです。

落語の世界では、二ツ目昇進は

通常2〜3年と言われるところを、

5年かかってしまったそうですが、

ガッツとポジティブさで落語の

修業に励んでいるそうです✨

スポンサードリンク

AKBのオーディションに応募?!

落語家を目指す前は、女優としても

活動していた春風亭ぴっかりさん。

小朝師匠に弟子入り前の2005年、

24歳の時には

第1期のAKB48オーディションに、

年齢を7歳サバ読みして応募し、

最終審査まで残ったそうです!

年齢を7歳もサバ読みするのは

ちと無理があったのでは……^_^;;と

思われますが、AKB481期生の応募総数は

7,924人で、最終選考に残ったのは

45名だというから、実力は

あったのでしょうね!

結局、最終選考時にプロデューサーの

秋元康さんに実年齢を見抜かれて不合格に

なってしまいましたが、その後

2014年に、江崎グリコがパピコアイスを

PRするためにAKBグループとコラボ企画して

行われた、30歳以上の新メンバーを1名募集して

期間限定でいろんなプロモーションを

行うという「大人AKB48オーディション」

にもエントリーし、こちらも

最終審査まで進出しています。

“落語会のアイドル”とも言われるぴっかりさん✨
かわいいですよね!^O^

スポンサードリンク

春風亭ぴっかりさんの学歴は?

春風亭ぴっかりさんの出身高校は

実践学園高等学校で、卒業後に

ミュージカルの勉強のために、

尚美学園系列の専門学校

尚美ミュージックカレッジ専門学校

入学・卒業されています。

この頃は、子供の頃から好きだった

ミュージカルの舞台に立つために

勉強されていたんでしょうね。

まさかその後、落語の世界へ

進むとは、当時は思いも

していなかったのでは?!

春風亭ぴっかりさんは結婚してる?夫や子どもは?

春風亭ぴっかりさんは現在独身で、

お子さんもいないそうです。

ぴっかりさんのブログには、

しばしば2人の男の子の写真が

投稿されていますが、甥っ子さんの

ようです。

甥っ子くんの運動会の応援にも

応援に行ったりと、とても仲良しそうです^O^

2013年のインタビューで、

好きな男性のタイプを聞かれた

ぴっかりさんは、

「主婦的な男性。わたし、心がオッサンなので」

https://www.zakzak.co.jp/

と答えています。

理想の男性はまだ現れていないようですね^_^

スポンサードリンク

春風亭ぴっかりさんの経歴を調べてみて

「有吉反省会」に出演する

女性落語家の春風亭ぴっかりさんの

経歴などを調べてみました。

女性の落語家は増えつつあっても

ぴっかりさん曰く

「落語の世界は男社会で、女性は2〜3%」

と、厳しい世界のようです。

修業は大変でしょうが、

真打ちを目指して精進を続けて

いるそうです。頑張って欲しいですね!

「有吉反省会」で、小朝師匠に

ついてきた嘘は何なのかも気になります^m^

放送が楽しみですね!

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする