タケダサナは結婚してる?経歴やイラストの評判は?小児リウマチはどんな病気?逆転人生

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

NHK「逆転人生」に、アメリカンコミック

(通称アメコミ)の作画を担当し、

世界的なヒット作を生み出した

イラストレーターのタケダサナさん

出演されます。

タケダサナさん
https://sanatakeda.com/jp/about/

アメコミの代表的な存在は

「スパイダーマン」などが

知られていますが、

日本の漫画やアニメとは

イラストタッチが全然違う

世界ですよね!

タケダサナさんは、日本人イラストレーターで

ありながら、アメコミの作画の世界で

大成功をおさめています。

タケダサナさんについて調べてみました。

スポンサードリンク

タケダサナさんは結婚している?

タケダサナさんは今年で43歳。

ご結婚されていてもおかしくない

年齢ですが、タケダサナさんが

結婚しているかどうかの

情報は見つかりませんでした。

情報がありましたら、追記したいと

思います。

タケダサナさんの経歴

タケダサナさんの経歴ですが、

学歴などの詳しい情報は公開されて

いませんでした。

  • タケダサナ(本名かどうか不詳)
  • 1977年生まれ 現在43歳(誕生日不詳)
  • イラストレーター・コミックアーティスト
  • 臨床美術士(後述)
  • 株式会社セガでデザイナーとして勤めた後、フリーランスで活動を開始。
  • アメコミの作画を担当する傍ら、日本でもゲームイラスト、挿絵、子供向け絵本などを手掛ける

タケダサナさんがイラストレーターとして

活動を始めた頃、日本では

いわゆる「萌え系」の

キャラクターが台頭してきた時期で、

タケダサナさんがアメリカに進出した

理由も、「自分の絵はかわいくないので、

日本のマンガでは居場所がないと思った」

からなんだそうです。

タケダサナさんの公式ページの「ギャラリー」よりお借りしました
(問題がありましたら削除致します)
た、確かに「萌え系」イラストとは正反対…ですが、
シブくてカッコよく、私はこういうイラストのほうが好きですね!
しかも女性が描いているという点が、またカッコいい!

スポンサードリンク

タケダサナさんのイラストの評判は?

タケダサナさんはアメリカの

二大アメコミ出版社のひとつ・

マーベル社の出版する

アメコミに作品を提供しています。

また代表作となった「モンストレス」

中国系アメリカ人の

マージョリー・リュー氏の原作に

タケダサナさんが作画を担当し、

2015年に「イメージ・コミックス」社から

発刊され、アメリカのコミック賞である

アイズナー賞で5部門受賞、

ハーベイ賞でブック・オブ・ザ・イヤー獲得、

ヒューゴー賞3年連続受賞を

はじめとして、国際的な賞を数多く

受ける、文字通りタケダサナさんの

代表作品となりました。

「モンストレス」作中の

タケダサナさんの作画に対して、

批評家からは

「アール・デコの影響をうけたヨーロッパ的装飾的デザイン」

「懐古主義的なビクトリア朝を舞台にしたスチーム・パンク的要素の存在」

など、非常に高い評価を受けています。

スポンサードリンク

タケダサナさんが患った「小児リウマチ」はどんな病気?

NHK「逆転人生」の予告では、

タケダサナさんが幼い頃に

小児リウマチを患ったと

ありますが、この点について

詳しい情報はありませんでした。

「小児リウマチ」は、どんな病気なのでしょう?

「小児リウマチ」は「若年性突発性関節炎(JIA)」

と呼ばれる、小児慢性特定疾患に

指定されている難病で、

「体が動かず、朝起きれない」
「関節が重い・痛い・腫れる・動かしにくい」
「誰かに手足を引っ張られている感覚」
「熱が出る」「倦怠感」

…といった症状が現れるそうです。

小児の人口10万人あたり10〜15人が

発症するそうですが、早期に適切な

治療をすることで、約80%の患者が

完治する病気だそうです。

タケダサナさんも、治療によって

小児リウマチを克服されたのかも

しれませんね。

スポンサードリンク

また、タケダサナさんは

「臨床美術士」という、聞き慣れない

資格をお持ちです。

臨床美術(クリニカルアート)は、

絵やオブジェなどの作品を楽しみながら

作ることによって、

脳を活性化させ、五感への刺激、

リラックスできるコミュニケーションが生まれ、

感性の目覚めや回復・心の開放、

生きる意欲や潜在能力の活性化などの

効果があると言われています。

もしかしたら、幼少期の小児リウマチの

つらい経験から、「臨床美術士」の

資格を取得するに至ったのかも?しれませんね^_^

最後までお読み下さり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする