竹下義樹(全盲弁護士)経歴と名言・凄すぎるチャレンジまとめ!逆転人生

5こんにちは、社長の部下のマロニーです。

9月21日放送のNHK「逆転人生」に

日本初の全盲の弁護士・竹下義樹さん

出演されます。

竹下義樹さんが「逆転人生」に

出演されるのは、今回が2回目の

ようですね!

全盲というハンデがありながら、

超難関の国家資格・司法試験に

合格し、“武闘派”の異名を持つ

竹下義樹弁護士。

経歴を調べてみると、

凄すぎるチャレンジの数々に、

驚くばかりです!

不屈の全盲弁護士・竹下義樹さんに

ついて、経歴やエピソードを

まとめてみました。

スポンサードリンク

竹下義樹さんの経歴

竹下義樹さん
http://www.tsukushilo.com/

  • 竹下義樹(たけした よしき)
  • 1951年2月15日生まれ
  • 石川県輪島市出身
  • 1981年に司法試験に合格
  • 京都弁護士会に所属し、1994年5月に独立・竹下法律事務所を開所
  • 2007年1月、事務所名を「つくし法律事務所」に変更
  • 社団法人京都府視覚障害者協会副会長/社団法人京都市身体障害者団体連合会副会長/社会福祉法人日本盲人会連合副会長等、数々の団体の要職をつとめる
  • 既婚、お子さんが2人

竹下義樹さんは、先天的な

失明ではなく、1965年・中学3年の

時に、所属していた相撲部の

稽古中に眼に違和感を覚え、

外傷性網膜剥離のため失明されました。

その後、

1969年に、石川県立盲学校

あんま・マッサージ・指圧士修得課程を卒業。

1971年に京都府立盲学校高等部普通科専攻科卒業

20歳で龍谷大学法学部入学

そして、多くのボランティアの支えで、

2年に渡り法務省に働きかけ

点字での司法試験を実現させ

200もの点訳の参考書を作り、

9回の受験の末に、1981年・30歳で

見事超難関の司法試験に

合格されました。

当時海外では、全盲の弁護士は

少なからずいたものの、

日本で点字受験の司法試験合格者は

竹下義樹さんが初めてで、

記者が自宅に押しかけ、

記者会見も開かれる大騒ぎに

なったそうです!

竹下義樹さんの点字受験での

司法試験合格は大きな突破口になり、

その後、全盲の後輩弁護士が

3人誕生したそうです。

(↑2014年の情報ですので、

今はもっと増えているかも

知れません^_^)

スポンサードリンク

竹下義樹さんの名言!

身体的なハンデがなくても、

司法試験に合格し弁護士に

なるのは、並大抵の努力では

ないと思います。

難関をくぐり抜けてきた

不屈の弁護士・竹下義樹さんの

名言をご紹介します。

「難しいなら、努力すればいい。ないのなら、つくればいいだけの話」

竹下義樹さんが弁護士を

目指したきっかけは、

失明して間もない

高校3年生の時で、

小説やテレビに登場する

弁護士の姿に憧れたこと

だったそうです。

しかし、その当時は

点訳の六法全書も専門書も

存在していませんでした。

弁護士になるために勉強する

教材自体がなかったのです。

そんな中でも、竹下義樹さんは

少しもひるむことなく、

「難しいなら、努力すればいい。
 ないのなら、つくればいいだけの話」

として、ボランティアの手を借りて、

点訳の参考書を作り、諦める

ことなく、難関試験に

挑み続けました。

「難しくてできない…」
「◯◯がないからできない…」

とは、私などもついつい、

口走ってしまう「言い訳」ですが

竹下義樹さんの辞書には

「できない」という言葉は

なさそうです!

何かにチャレンジしていて

くじけそうな人には

励みになる名言だと思います^_^

スポンサードリンク

「夢は人を変える」

全盲である竹下義樹さんが

司法試験に挑戦することも

弁護士として活動することも

容易なことではありませんでした。

しかし、竹下義樹さんは

「夢はその困難を乗り越えさせてくれ、
仲間は私を支えてくれる」

とおっしゃっています。

弁護士になるという夢が、

全盲のハンデを乗り越え、

ボランティアや家族の支えが

竹下義樹さんを更に

強い人に変えたのかもしれません!

この言葉も、何かを夢見て、

目指している人にとっては、

とても説得力のある言葉ですね!

スポンサードリンク

竹下義樹さんのチャレンジが凄すぎる!

竹下義樹さんが全盲の

ハンデを乗り越えて

弁護士になったということ

自体がものすごいチャレンジ

ですが、竹下義樹さんは

「チャレンジすることが

気持ちの張りになる」と語り、

趣味は登山、マラソン、読書など、

ヒマラヤ山脈にも2回チャレンジ

しているそうです(   Д  )  ⦿ ⦿ !!!

インドア人間の私なぞ、登山も

マラソンも、ましてやヒマラヤ山脈など

思いつくことすらありません!

竹下義樹さんのチャレンジ精神と

バイタリティ、恐るべし!です。

生まれつきではなく、

年若い頃に失明したことだけでも

絶望的になってしまいそうですが、

竹下義樹さんは

「見えないということに、
自分自身が違和感を覚えていない」

…と語っていらっしゃいます、凄すぎる……

2度目の「逆転人生」出演で、

竹下義樹さんのどんなお話が

聞けるのか、楽しみです!^O^

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする