田中朋広(ぱん工場寛)の嫁や子どもは?経歴も気になる!ニッポンのミカタ

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

「たけしのニッポンのミカタ」で

紹介される、「深夜の住宅街を

自転車で爆走する」パン屋さん。

田中朋広さん

一般的なパン屋さんだと、

早朝からパンを焼き始めて

朝から販売…という業態が普通だと

思いますが、田中朋広さんが営む

「ぱん工場 寛」では

夜中のうちにパンを焼き上げ、

翌朝に焼きたてのパンが食べられる

ように、店主の田中朋広さんが

自分で住宅街を自転車で爆走して

各家庭に配達しているそうです^_^

どんな方なのか、ちょっと気になりますね!

結婚していらっしゃるか、田中朋広さんの

経歴についても調べてみました。

スポンサードリンク

田中朋広さんの嫁は?子どもはいる?

田中朋広さんはご結婚されていて

薬剤師の奥様がいます。

お子さんがいらっしゃるか

どうかはわかりませんでした。

田中朋広さん
https://www.instagram.com/p/BvfxmnSHpnx/

田中朋広さんは、まさに

奥様の『内助の功』

恵まれていらっしゃると思います^_^

田中朋広さんは大学卒業後に、

大手電機メーカーに就職した

そうですが、5年で脱サラ。

パン屋を目指し、沼袋と新宿の

2軒のパン屋で計5年間、パン作りの

修行をしたそうです。

その頃に、奥様が

将来的にパン屋を開店するなら、と

将来に備えて調理師免許を取得!

5年間のパン屋の修行をされた

田中朋広さんですが、

ちょうどその頃に、奥様の実家の

薬局の経営に誘われたため、

いったんパンの方は休止。

経営やマネジメントなどの勉強にも

なるとの思いで、薬局を手伝うことに

したそうです。

そしてなんとその間に、奥様は

大学に再入学して薬剤師の

免許を取得されたとのこと!

奥様、めちゃ凄い!

薬剤師の資格があれば、

万一パン屋のほうに何かがあっても

家計を支えるに十分な収入を

得ることができそうです。

田中朋広さんも、安心して

パン屋開店にむけて、

準備を進められたのでは

ないでしょうか?

スポンサードリンク

田中朋広さんの経歴は?

  • 田中 朋広(たなか ともひろ)
  • 1967年生まれ
  • 出身大学:調査中(化学を専攻)
  • 大学卒業後、大手電機メーカーにシステム設計者として入社(27歳で退職)
  • 川崎の薬局に5年間勤務後、2006年に「ぱん工場 寛」を開店

田中朋広さんのお店「ぱん工場 寛」

お店の名前を、あえて「ぱん」と

ひらがなにしたのは、

“パン”より“ぱん”のほうが親しみを

感じるから、見た目もあわせ、

「やさしさ」や「やわらかみ」を表現

したかったからだそうで、

店名から、そうしたぬくもりを

伝えられればと思い命名したそうです^_^

なんだか田中朋広さんの、

「ぱん」に対する愛情を感じますね^_^

『ぱん工場 寛』の「ぱん」^_^
ほわ〜っとしてますね、おいしそう!
https://www.instagram.com/p/BwWfsXpHrkx/

ぱんづくりにも店の業態にも

こだわりを持って、雨の日も

雪の日も、真夜中に自転車で

「ぱん」を配達しているそうです!

うちも配達エリアに入ってるかな〜???^m^

最後までお読みくださり、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする