脳卒中?くも膜下出血?違いは何?渋谷笹塚タクシー事故

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

2021年1月4日夜、東京・渋谷区笹塚で、

73歳の男性が運転するタクシーが暴走し

5人の方がケガ、1人が命を落とし、

運転していたタクシーの運転手も

ケガをして病院に搬送されるという

事故がありました。

https://www3.nhk.or.jp/

この事件では、タクシーを運転していた

男性が、途中で意識を失ったまま

運転していた疑いが強く、ケガが

回復次第、警察が男性から事情聴取を

する見込みと報道されています。

この事件のニュースで、ある報道では、

タクシー運転手が「脳卒中の疑い」

また別の報道では「くも膜下出血の疑い」

…と報じています。

今まで、なんとなく「脳の病気」としか

認識していなかった、

「脳卒中」と「くも膜下出血」は

どう違うの?…(私が勉強不足なのですが💦)

…という、個人的ソボクなギモン

まとめてみました。

スポンサードリンク

「脳卒中」と「くも膜下出血」の違いは何?

“脳卒中”は「総称」

「脳卒中」と「くも膜下出血」に違いが

あるのではなく、脳卒中は

くも膜下出血を含めた、

脳に血液が流れなくなることによって

脳の神経細胞にダメージが加わる

病気の「総称」です。

「脳卒中」と総称される病気には、

「くも膜下出血」の他、「脳梗塞」

「脳出血」「一過性脳虚血発作」が

含まれるそうです。

https://www.city.yokohama.lg.jp/

いずれの場合も、脳の神経細胞に

血液が流れない=酸素が運ばれないことで

脳に強いダメージが加わり、

麻痺やしびれ、言語障害などの

後遺症が残ることが多い病気です。

脳卒中の症状は突然起こることが

あるそうで、症状が現れた時には

すぐに適切な治療を受ける必要が

あるそうです。

脳卒中の兆候!https://www.city.yokohama.lg.jp/

渋谷・笹塚で起きたタクシー暴走事故の

運転手の男性は、勤務するタクシー会社の

日常的な健康検査では特に問題は

なかったそうですが、73歳と高齢だった

ことも、遠因だったのかもしれません…(´・_・`)

スポンサードリンク

くも膜下出血とは?

報道されている、タクシー運転手の

男性が「くも膜下出血だった疑い」と

いうことで、どのような病気なのか

調べてみました。

https://www.ns.yawata-mhp.or.jp/

くも膜下出血は、何らかの原因で、

脳の表面を覆っている「くも膜」

脳の間のスペースに出血する病気で、

脳動脈瘤の破裂や、転倒して頭をケガする

ことが原因になることもあり、

「ハンマーで殴られたような」

激しい痛みを伴うそうです💥

「何の前触れもなく、ある日突然起こる」

とも言われていて、発症すると

命を落とす確率も50%と高く、

出血量=脳が受けたダメージによっては

後遺症が残ったり、手の施しようがない

場合も少なくないそうです。

スポンサードリンク

これまで、なんとなく聞き流していた

「脳卒中」と「くも膜下出血」の違いを

調べてみました。

いずれにしても、脳が大変なダメージを

受ける病気ですし、後遺症も

心配される、恐ろしい病気ですね。

タクシーの暴走で被害を受けた

方々も本当にお気の毒ですが、

運転をされていた男性の病状も

心配です…(´・_・`)

飲酒運転やブレーキとアクセルの

踏み間違い、運転中の不注意などと

違って、突然の病気だったそうですから、

被害を受けた方々も、やりきれない思いで

いらっしゃるのではないかと、

勝手に想像しています。

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

Ciqua
フィング・Zucks・ISE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする