津田淳子(せかほし・紙)の経歴・高校大学は?紙専門誌とは?評判は?旦那や子どもはいる?

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

12月3日放送の「世界はほしいモノにあふれてる」は

「愛しき紙の世界」がテーマ!

今話題の“紙の専門誌”「デザインのひきだし」

編集長の津田淳子さんが、

日本・ドイツ・インドで

奥深い紙の世界を紹介されます^O^

津田淳子さんの経歴や出身校、

編集長をつとめる紙専門誌
「デザインののひきだし」の評判、

津田淳子さんは結婚してる?…などを

調べてみました。

スポンサードリンク

津田淳子さんの経歴・高校や大学は?

津田淳子さん
https://www.1101.com/

  • 津田淳子(つだ じゅんこ)
  • 1974年生まれ 46(45?)歳(2020年11月現在)
  • 神奈川県出身
  • 編集プロダクション、出版社を経て、2005年にグラフィック社に入社。
  • 2007年、紙の専門誌「デザインのひきだし」を創刊
  • 現在は「デザインのひきだし」編集長

津田淳子さんの出身高校や大学に

ついては情報がありませんでした。

大学卒業後に出版社に入社した

そうですので、最終学歴は

大卒になります^_^

津田淳子さんのご両親は、

津田淳子さんが幼少期から

「とにかく本を読め」という

方針だったそうで、

小さい頃からたくさんの本に

囲まれて過ごしてきたそうです。

大学卒業後に入社した出版社で

働いていたある時、

「カバーだけが気に入って」買った

小説にハマり、それがきっかけで

「紙が持つ力を思い知った」そうです。

津田淳子さんが感じた「紙が持つ力」とは

手紙を書きたくなったり、

紙の本を手に取りたくなる、

そんな「紙」の魅力だそうです^_^

その後、現在在籍している出版社

「グラフィック社」に転職し、

デザイン・印刷・紙・加工に

特化した「デザインのひきだし」を創刊。

現在は編集長をつとめて

いらっしゃいます。

スポンサードリンク

津田淳子さんが編集長の紙専門誌「デザインのひきだし」とは?評判は?

津田淳子さんがグラフィック社で

創刊から携わった紙の専門誌

「デザインのひきだし」とは

どのような本なのでしょう?

津田淳子さんが創刊に携わった「デザインのひきだし」
https://sei-hon.jp/

津田淳子さんはグラフィック社入社前に

編集の仕事をしていた際、

「こんな製本、印刷がしたい」

「こんな紙を使いたい」

…といった要望があった時に、

印刷会社の方々の知識や意欲に

差があり、実現できないことが

あったそうです。

そんな時、印刷会社の方からは

「価格が合わないからできない」

断られてしまうことが多かったそうです。

いっぽう、別の印刷会社では、

「うちの会社ではあんなことも

こんなこともできるのに…」という

ところもあり、その技術がうまく

伝えられず、ジレンマを感じている

会社もあったそうです。

そこで、津田淳子さんは、

「知りたい側と伝えたい側を

つなぐ場を提供できないか?」

考え、雑誌「デザインのひきだし」

創刊をひらめきます!

『おもしろいモノを創りたい人と

造れる人をつなぎたい』という気持ちが

コンセプトになったそうです。

そして創刊した「デザインのひきだし」は

「あの加工はこの会社でできるんだ」

「この加工は、こういう名前なんだ」という

情報がいっぱいに詰まった、

デザイン・印刷・紙・加工に関わる

人達のバイブル的な雑誌になります。

価格は一般的な雑誌に比べ、

定価2,000円と安くはありませんが

年3回の出版のたび

毎回1万部を売り上げる人気雑誌

なっています✨

スポンサードリンク

津田淳子さんは結婚してる?旦那や子どもは?

紙、デザイン、印刷、加工製本を

こよなく愛する津田淳子さんですが

プライベートではご結婚は

されているのでしょうか?

旦那様やお子さんは?

ちょっと気になり調べてみましたが

残念ながらこちらに関しては

情報がありませんでした。

ご年齢からして結婚されていても

おかしくない気もしますが、

紙を愛しすぎて、紙が恋人!という

こともあるかもしれませんね!^m^💕

「せかほし」では、どんな素敵な

紙の世界を紹介してくださるのか

放送が楽しみです!

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

Ciqua
フィング・ISE・Zucks

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする