辻智太郎(もうやんカレー)のwiki!経歴は?結婚して子供もいる?【気づきの扉】

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

かつて「TVチャンピオン」で優勝を飾るほか、数々のテレビ番組で、ランキング1位に輝いてきた、伝説の「もうやんカレー」というカレーがあります!


おいしそうですね〜!😋

ビュッフェスタイルのランチも各店で大人気だそうです!
(出典:いずれもhttps://tabelog.com/)

現在、都内を中心に12店舗を展開している「もうやんカレー」の“発明者”が、辻 智太郎さんです。

(出典:https://camp-fire.jp/)

もともとは、『カレーのようだったもの』『カレーもどき』だったという、辻 智太郎さんのカレーは、

「めちゃくちゃウマイ!しかも食べると体調が良くなる!」
「食べると通じがよくなる!」

と、「健康になるカレー」として好評で、そこには辻 智太郎さんの「食」と「健康」へのこだわりがぎっしりつまっているようです!

辻 智太郎さんのご経歴もユニークです!辻 智太郎さんの作るカレーのように奥深い、そのご経歴などを調べてみました!🍛

スポンサードリンク

辻 智太郎さんのプロフィール

  • 辻 智太郎(つじ ともたろう)
  • 有限会社もうやんカレー 代表取締役
  • 1971年 東京都杉並区生まれ
  • 東京都立大島高等学校農林科卒
  • 日本大学 通信教育学部・経済学部卒業

辻 智太郎さんは、元TBSアナウンサーの雨宮塔子さんと同級生だったそうです。

ちなみにですが、その雨宮塔子さんのご実家は、わたくし部下マロニーと社長のお散歩コース途中にあります🐾もしかしたら、辻 智太郎さんの生家も、マロニーのご近所?かと思いました^^

「もうやん」は、子供の頃からの辻 智太郎さんさんのニックネームだそうです。

辻 智太郎さんは、3人きょうだいの次男。お父様はかつて、大手ゼネコンの幹部で、とても裕福なご家庭に育ったそうです。

(左のお兄様に肩ぐるましてもらっているのが、辻 智太郎さん)
(出典:もうやんカレー公式YouTubeチャンネル)

辻 智太郎さんが小学4年の時、格闘技等で鍛えた頑強な身体のお父様が、ハードワークのために倒れ、一時は医者が匙を投げる程の様態で、生死をさまよったそうです。

ところが、食事療法に取り組んでからみるみる健康を回復し、このことがきっかけで、辻 智太郎さんは「身体にいいものを食べなければ」ということを意識して育ったそうです。

健康を回復したお父様は、重役のポストを捨て、当時はまだ珍しかったオーガニックの専門店を始めました。

今ほど「オーガニック」が一般的ではなかった1980年代前半、お店の運営には苦労されたそうですが、今や有名企業の機内食にも納入する規模の会社になり、お兄様が跡を継いでいらっしゃるとのこと。

「食で健康になる」ことや「オーガニック食品のよさ」を辻 智太郎さんが知ったのはこの頃だったのではないでしょうか。

お父様が食事療法で健康を取り戻したことが、のちに「健康になるカレー」の店をオープンする伏線になったのではとも思えます。

辻 智太郎さんが卒業した学校は?

辻 智太郎さんは、大学は日大の通信教育学部を卒業されていますが、高校は東京都とは言っても「大島」の高校の農林科を卒業されています。

(大島高等学校パンフレットより)

自分たちで開墾した土地で、農薬や除草剤をなるべく使わない野菜果物づくり。

豚や鶏の畜産の経験。

食材の生産段階から携わったのは、のちに「食」を仕事にする時に、貴重な経験としておおいに役立ったことでしょう。

(出典:https://tenshoku.nifty.com/)

スポンサードリンク

辻 智太郎さんは結婚してる?

辻 智太郎さんは1997年に独立して西新宿に「もうやんカレー」1号店を開店していますが、その時すでにご結婚して、お子さんもいたそうです。

食の激戦区に25歳で、妻子がいる時に店を出すとは、なんともチャレンジャーな方だと思います!

その代わり、開店してから3年は店に泊まり込んで休みなしで猛烈に働きまくったそうです!

オープン当初の辻 智太郎さん
(出典:http://in-shoku.info/)

その時の元気の秘訣も、辻 智太郎さんがご自身で作る「もうやんカレー」だったそうです。

「もうやんカレー」を食べると、不思議と体力が蘇って元気も出たそうです。

「健康になるカレー」というより、「元気が出るカレー」ですね!「魔法のカレー」と言ってもいいかもしれません。

魔法と言えば、有名なカードゲーム「遊戯王」にも、“体力を取り戻す魔法のカード”として、「もうやんカレー」カードがあるそうです^m^

辻 智太郎さんの「もうやんカレー」は、たちまち人気店になっていったそうです。

辻 智太郎さんの作る「もうやんカレー」とは?

スポーツ関連の会社で社会人デビューした辻 智太郎さんは、ハードな仕事上、きちんとした食事をとらなければ…でも時間がない…ということで、様々なこだわり野菜を煮込み、何種類ものスパイスを混ぜて煮込んだ『カレーのようなもの』を作って食べていたそうです。

ライザップ系のお仕事をされていたとか…^m^
(出典:http://in-shoku.info/)

スパイスの種類が増えていけばいくほど、「カレーのようなもの」から「もうやんカレー」の原点が出来上がっていき、同僚にもウマイウマイと大好評!

さらに、美味しいだけでなく「毎日食べていると身体の調子がすこぶる良い」ことに気づいたそうです。

この時も、やはり子どもの頃、お父様が食事療法で健康を取り戻したことを思い出したのではないでしょうか。

その後、スポーツ関連の会社は5年程で退職し、カレーの有名店で修行を積み、25歳で独立することになります。

現在の「もうやんカレー」は、大釜で大量の野菜と果物を2日間炒めるという仕込みから、完成まで2週間、24〜28種類のスパイスを季節に合わせてブレンド。

(出典:https://www.moyan.jp/)

もうやんカレーの美味しさの秘密。感謝祭も開催予定!

(店内では2日かけて、大量の野菜を炒めています!)

辻 智太郎さんが「スパイスは調べれば調べるほど良い漢方薬」と語るように、旬の野菜と多彩なスパイスを絶妙に配合した、ビタミン豊富で低脂肪・低カロリーな、超ヘルシー創作薬膳カレーとして、多くのカレーファンを唸らせています。

(出典:https://www.moyan.jp/)

スポンサードリンク

辻 智太郎さんのカレーは「医食同源」の極み!

辻 智太郎さんは「体に良いカレー、正しい食事、外食の有りかたを伝え、それを通じてみなさんにハッピーになってもらいたい」と語っています。

お父様が「食」で健康を回復したこと、オープンから3年の激務も、スパイスたっぷりの「もうやんカレー」で乗り切ったことで、辻 智太郎さんの食へのこだわり、食の大切さへの思いは確固としたものになったのではないでしょうか。

本当に美味しそうな「もうやんカレー」!

最近老化現象が顕著な😅部下マロニーも、魔法のカレーをいただいて、是非元気になってきたいと思っています!^m^

お腹が空いてきましたよ!😅

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする