鶴見和子(青梅・チーズ)の経歴は?結婚して夫や子どもは?人生の楽園

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

8月15日放送の「人生の楽園」に

チーズ好きが高じて

本場フランスでチーズ作りを

学び、自らチーズの店を開いた

鶴見和子さんが出演されます。

ご両親が暮らす青梅市の

土地らしさを生かした、

個性的な味が評判のチーズを

作る鶴見和子さん。

気になる経歴などを調べてみました。

スポンサードリンク

鶴見和子さんの経歴は?

鶴見和子さん

(https://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/)

  • 鶴見和子(つるみ かずこ)
  • 62歳
  • 東京都文京区出身
  • 20代の時に鍼灸師免許取得
  • 2014年10月、青梅市にチーズ工房『フロマージュ・デュ・テロワール』を開店

出身校など、詳しい学歴などの情報は

見つかりませんでした。

鶴見和子さんは結婚してる?夫や子どもは?

鶴見和子さんはご結婚しているか、

お子さんがいらっしゃるかどうかの

情報も見つかりませんでした。

ただ、20代から現在に至るまで

とても自由でアクティブな

生き方をされていて、

現在はご両親が暮らす青梅市に

チーズ工房をオープンさせて

いるので、もしかして独身では

ないかと推測しています。

スポンサードリンク

鶴見和子さんは超アクティブ!

鶴見和子さんの子供の頃、

毎日のおやつがプロセスチーズ

だったそうです。

それがきっかけとなり、チーズ大好きに^_^

20代の時には鍼灸師として

働いていたそうですが、

やはりチーズ好きが高じて、

チーズショップに転職。

そして30代の時に「カンボゾーラ」という

チーズに衝撃を受けて、チーズ熱が再燃!

カンボゾーラ
白カビのカマンベールチーズと、青カビのブルーチーズが
混合した、ドイツ産のチーズ

(画像はWikipediaより)

その衝撃から、カルチャーセンターの

チーズ講座に通ったり、

本場スイスとフランスのチーズ産地を

巡るツアーに参加したりと、

まるでチーズ一色の人生に!

更に、47歳で

「チーズのラベルを読みたい」との

理由で、フランスに語学留学されます。

その留学中に、「チーズのカットや

盛り合わせ方の学校がある」という

噂を耳にして、つてを頼りに学校を

探してもらったものの、

なぜか行き着いたのは

チーズ作りの職業訓練講座だったそうです!

スポンサードリンク

鶴見和子さんは、当時は

自分でチーズ工房をやろうとは

全く考えていなかったそうですが

「面白いかもしれない」と願書を提出!

面接まで受けたものの、一向に

連絡が来ないため、てっきり

面接で落ちたのだと思っていたところ

実際は合格していたのだと

しばらくして判明!

講座はすでに始まっていて、

その時点から通うと「編入」扱いに

なり、ディプロマ(卒業証明書)が

もらえないということで

翌年もう一度最初からやりなおす

ことにしたそうです。

入学するまで2年、それから学校に

通うのに1年と、鶴見和子さんは

かなりポジティブ&アクティブですね!

スポンサードリンク

更に学校が終わって帰国してからも

もっとチーズについて学びたいと

すぐまたフランスへ!

すごい行動力!!

今度は乳製品の専門学校と

大学が協同で行う講座で、

再び勉強をされたそうです。

鶴見和子さんがオープンさせた

チーズ工房「フロマージュ・デュ・テロワール」

“テロワール”は、「その土地、地域」という

意味で、訳すると「青梅のチーズ」

となるそうです。

チーズを作る行程も、地元青梅の

ものを使うことにこだわった

製法にしているそうです。

鶴見和子さんのこれからの

目標は、「チーズの学校を作ること」

「自分でヤギや羊を飼って、その乳を

使ってチーズを作ること」だそうです。

ひとつめの目標「チーズの学校」は

すでに始まっていて、半年サイクルで

座学を含むチーズの教室を設けて

いるそうです^_^

鶴見和子さんのアクティブさや

行動力は凄いですね……!

2つ目の目標も、遠からず

達成されますように!

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする