山中歩・健生夫妻、いちご農家の年収は?山口に移った訳は?|セブンルール

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

31日放送の「セブンルール」で紹介される

山口県岩国市のいちご農家、山中歩さん。

ご主人の健生さんと一緒に、

いちご農家を始めて11年、

直売店の「TARO」は

地元で大人気のお店に

なっているそうです。

お二人は元々、関東で仕事をしていましたが

いちご農家に転身したのは

どんな理由があったのでしょうか?

まとめてみました!

(出典:https://www.ymg-uji.jp/)

スポンサードリンク

山中歩・健生夫妻がいちご農家に転身した訳は?

「いちご農家は儲かる」?!

山中健生さんはあるインタビューで

なぜいちご農家になろうと思ったのか

聞かれた時に、

「いちご農家は儲かるという話を聞いたから」
「いちご農家が2,000万稼いでいるという噂を聞いたから」

と答えていらっしゃいます。

わかりやすい理由ですね!^_^

しかし、後になってから、

その金額は、『所得ではなく売上』だと

いうことに気付いたそうで、

「大きな勘違いからのスタートだった」とも

話していらっしゃいます。

とはいえ、現在は地元で大人気の

直売店となっているので、

売上もそれくらいの金額になっているかも

しれませんね^m^

農業は休みがなく、仕事は決して楽では

ありませんが、「やりがいがある」

おっしゃっているそうです。

お二人の表情もイキイキしていますよね!

スポンサードリンク

山中健生さんが奥様の歩さんと出会ったことがきっかけ

ご主人の山中健生さんは、高専を卒業後に

東京のコンピュータ関連の会社に

就職したものの、「何かが違う…」と

感じて3年で退社。

無類のサーフィン好きもあって、

ワーキングホリデーでオーストラリアに渡りました。

帰国後、関東で機械系の会社に再就職したそうですが

やはり「何かしっくりこない」と

感じていたそうです。

その頃、仕事で行った筑波で、

当時筑波大学大学院で

植物病理学を専攻していた

歩さんと出会い、

農業について楽しそうに

話すのを聞いているうちに、

急激に農業への興味が湧き、

「会社の都合で人生が左右されるのはイヤ。

農業なら、自由に平等に生きてゆける」

人生観が大きく変わったそうです。

26歳の時に、いちご農家になる

決意をして会社を退職。

茨城県のいちご農家で1年、

山口県柳井市のいちご農家で更に1年

研修をし、山口県岩国市由宇町で

いちご農家をスタート。

お二人は2009年にご結婚し、

同年いちご生産販売「TARO」を

開業したそうです。

(出典:http://iwakuni-iju.jp/)

お子さんたちにも恵まれ、

本当にやりがいを感じる仕事に

出会えたこと、素晴らしいですね!

お子さんたちも伸び伸び育って、

ご家族円満な様子にお見受けします。

ご主人の山中健生さんが感じた

「しっくりこない」

奥様の山中歩さんが就職後に抱いた

「大きな矛盾」(後述)

心の声に従ったお二人の選択は

大正解だったのではないでしょうか^_^

スポンサードリンク

山中歩・健生夫妻が山口県岩国市を選んだ理由

ご主人の山口健生さんのご実家は

転勤族だったそうで、

出身は山口県外だそうです。

いちご農園を始めた

山口県の由宇町は、定年退職した

お父様のご実家、祖父母の家がある町

いちご農家は1年中休みがないので、

関東で始めてしまうと家族に会うのが

難しくなることもあり、

いちご農家を始めるなら山口県で!

考えたそうです。

山中歩・健生夫妻の将来の夢:いちごの無農薬・無肥料栽培!

山口歩・健生夫妻のこれからの夢は

最も難しいと言われている

「いちごの無農薬・無肥料栽培」への

チャレンジだそうです!

これは、「農業を通じて発展途上国への

支援に携わりたい」という

奥様の歩さんの夢だそうです。

いちごには色々な育て方があり、

肥料をたくさん使って大量生産する

方法もあるそうですが、

「人の都合でいちごに無理をさせたくない。

いちごも生き物だから」と

いちごの健康を大切にする方法

追求してこられ、これが功を奏して

現在大人気の、とても甘く、おいしい

いちごが生まれたそうです。

山中歩さんは、元々世界規模の農薬メーカーに

勤務するエリート研究員でしたが

入社早々に大きな矛盾を感じて退職

したそうですが、いちごをはじめ農作物も

生き物であること、人間と同じように

農作物の健康も大切にしたいという

思いがあったのかもしれませんね^_^

お二人の夢が遠からず実現しますように!

最後までお読み下さり、ありがとうございました!

イチゴ農園TARO
岩国市由宇町港2-19
TEL 090-1039-6569
HP https://taro-ichigo.com/

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする