安井佑(やまと診療所)のwiki・嫁や子はいる?診療所の評判は?ガイア

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

6/9の「ガイアの夜明け」で、

板橋にある「やまと診療所」が特集されます。

やまと診療所の院長は、安井佑さんです。

「やまと診療所」院長の安井佑医師

https://yamato-clinic.org/aboutus/greeting

イケメン医師さんですね!^m^

日本では、病気などで

最期が近づいた入院患者さんは

ご自身の意に反して、

住み慣れたご自宅へ帰ることも

自宅で食べ慣れた料理を食べることもできず

病院のベッドで最期を迎える方が

ほとんどです。

安井佑さんの開院した「やまと診療所」は

そんな方々に対して、最期まで

「自分らしい生き方」を「自宅」でまっとう

するためのサポートをされています。

そんな安井佑さんのwiki風プロフィールや、

ご家族はいるの?診療所の評判は?

などをまとめてみました^_^

スポンサードリンク

安井佑さんのwiki風プロフィール

  • 安井佑(やすい ゆう)
  • 1980年 神奈川県溝の口出身
  • 小学校1年の時に、NECに勤務する父の仕事の都合でイギリスに渡る
  • 小学校5年時に帰国
  • 中学3年の時に、父の仕事の都合でアメリカへ渡る
  • 2005年 東京大学医学部卒業
  • 大学卒業後 千葉県旭中央病院にて初期臨床研修
  • 2007年から、NPO法人ジャパンハートに所属、ミャンマーにて臨床医師(〜2009年)
  • 2009年 杏林大学病院 形成外科
  • 2011年 東京西徳洲会病院 形成外科
  • 2013年 東京板橋区に「やまと診療所」開設

安井佑さんは、子供のころから

「医者になりたい!」といった

思いはなかったそうですが、

アメリカ滞在中の高校2年の時、

世界を飛び回って元気に仕事を

していたお父様が、突然42歳で

進行性の肺がんを患い、

たった3ヵ月でこの世を

去ったことがきっかけで、

医師の道を志すことになりました。

それにしても、出身は日本の最高学府

東京大学医学部!

ものすごい勉強なさったのではないかと…(   Д  )  ⦿ ⦿ 

あるインタビューで、安井佑さんは

勉強はしたけれど、自分の場合は

イギリス・アメリカ生活で

英語の勉強をする必要はなかったため

他の科目に集中することができたと

おっしゃっています。

そうだとはいっても、東大医学部=東大理Ⅲ

日本最難関と言われる東大の6つの科類の中でも

偏差値79とダントツの最難関。

地頭力も違う秀才なのでしょうねぇ…すごい!

スポンサードリンク

安井佑さんは結婚してる?子供は?

安井佑さんがご結婚されているか

お子さんがいらっしゃるかどうかは

調べてみましたが情報がありませんでした。

今年40歳になるイケメン医師の安井佑さん

ですから、おそらく奥様やお子様が

いらっしゃるのではないかと

勝手に想像しています^m^💕

安井佑さん「やまと診療所」の評判は?

やまと診療所
住 所 東京都板橋区東新町1-26-14
電 話 【救急】03-5917-8061(24時間対応)

【在宅医療に関する連絡・相談】
03-4500-1360(平日10:00〜18:00)

ウェブサイト https://yamato-clinic.org/

ネットの病院・クリニックの口コミなどでは

やまと診療所に関する評判は出てきませんでした

安井佑さんの医療に関するお話を知ると

この考えはもっと広がるべきでは?

個人的に思いました。

安井佑さんが訪問診療、在宅医療に

特化した「やまと診療所」を開設した背景には

ミャンマーでNPOの医師として働いていた際に

接した、現地の死生観もあるようです。

スポンサードリンク

日本では、自分の家で最期の時間を過ごしたいと

考えていても、それを実現することが難しく、

現在の日本では、病院で最期を迎える方が8割、

自宅で自然にその時を迎える人は、10人に1人も

いないそうです。

一方で、「最期をどこで迎えたいですか?」

というアンケートを取ると、『自分らしい生き方を

最後まで貫き通せれば本望だ』と考えている方を

含め、「家で死にたい」と思っている人は

6〜7割に達するそうです。

その選択肢としての「在宅医療」が

現在あまりにも知られていない。

「在宅医療」という選択肢

患者が自由に選択することができるよう

尽力している安井佑さん。

まだ板橋の診療所での取り組みではありますが

こういった考え方が、もっと広くひろがって

いけばいいと思いました。

安井佑さんさんの今後のご尽力を期待しています!

最期までお読み下さり、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする