熊峰(書道家)経歴や結婚は?教室はどこ?【奇跡のレッスン】

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

昨年3月にNHK BSで放送された「奇跡のレッスン」出演が反響を呼び、2月20日にNHK Eテレで再放送される中国人書道家の熊峰(ゆうほう)さん。

(出典:https://www.facebook.com/)

幼い頃から英才教育を受けて育ち、若くして大学の客員教授を務めるなど、中国ではエリートコースを歩んできた熊峰さん。

日本の書にあこがれて、それらすべてを捨てて来日した熊峰さん、どのような経歴の方なのでしょう?私たちもその「奇跡のレッスン」を受けられるのか?

気になる熊峰さんについてまとめてみました。

スポンサードリンク

熊峰さんの経歴

  • 熊峰(ゆう ほう)
  • 1965年 中国江西省南昌出身
  • 4歳から書を習い始める。
  • 1985年、20歳の学生時代、北京で開催された、日本の手島右卿(明治34~昭和62年)の個展に感銘を受ける。
  • 1989年、24歳で南昌市の硬筆書法家協会副会長として、大学で教鞭を執る。
  • 1999年 手島右卿氏の書への憧れが募り、34歳で来日。
  • 手島右卿氏が初代校長を務めた日本書道専門学校(東京)に入学し、「あいうえお」からかなを習い始める。
  • 立命館東京キャンパスにて書道講師を務める。
  • 横浜中華街を拠点に書道教室をスタート。
  • 共同通信社の依頼で、連載 コラムを担当するなど、メディアでも活躍中

熊峰さんは、20歳の時に見た手島右卿氏の作品の、「たおやかさ」「大胆かつ精妙に描く絵画のような」少字数書に、鳥肌が立つほどのショックを受けたそうです。

故・手島右卿氏
(出典:https://matome.naver.jp/)

大学で教鞭をとりつつも、手島右卿氏の作品を契機にしてふくらんだ日本への憧れは捨てきれず、1999年・34歳の時に来日。

皿洗いや掃除のアルバイトをしながらの学生生活を送ったそうです。

それまでのエリートコースのキャリアをすべて捨てて、異国でなにもかも初めてから…とは、並大抵の情熱ではなかったと思います。

「書法」と呼ばれる中国の書は「技」、日本の「書道」は「心」、と語る熊峰さん。

熊峰さんは、その双方の良さを融合させようと試みていらっしゃるそうです。

(出典:https://www.facebook.com/)

スポンサードリンク

熊峰さんは結婚してる?

熊峰さんがご結婚しているかなどの情報は、調べてみましたがみつかりませんでした。

ご年齢が54歳ですので、結婚してお嫁さんやお子様がいらっしゃるようにも想像されます。

熊峰さんの教室はどこ?レッスンは受けられる?

熊峰さんは現在、日本と中国を行ったり来たりの生活をされているようで、横浜中華街で始められた教室でも、指導をされるのは来日時の期間限定のようです。

毎月のレッスンスケジュールは、「熊峰書法教室」のFacebookで公開されています。

ご近所で、書をたしなまれていらっしゃる方は、ぜひ貴重なレッスンを受けてみられては如何でしょうか?

通常レッスンの他、特別レッスンがあり、参加費用は会員の方が15,000円、非会員の方は20,000円とのことです。

熊峰書法教室
住所 231-0014 横浜市中区常盤2-20
電話 045-222-7388
Facebook https://www.facebook.com/yuhoujapan/
ブログ https://ameblo.jp/yuhousho/

スポンサードリンク

熊峰さんの「奇跡のレッスン」

熊峰さんと実際にお会いした方のブログを拝見しましたが、「本当に『心』を大切にされる素晴らしい方だ」とおっしゃっています。

中国政府が選定した「世界49カ国で活躍している中国人書家・画家」にも選出、

社団法人日中書法芸術協会・国際臨書協会会長、

2010年には上海万博日本館漢字芸術総監督に就任……と、書家としてのご経歴もとても華やかです。

熊峰さんが子どもたちに書道を教える「奇跡のレッスン」はどのようなものなのでしょう!

地上波放送日が待ち遠しく思われます!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする