遊佐農場(埼玉・越谷)野菜の取り寄せ通販はできる?直営店の場所はどこ?遊佐謙司・人生の楽園

スポンサードリンク

こんにちは、社長の部下のマロニーです。

8月14日放送の「人生の楽園」では、

47歳で脱サラして専業農家になった

遊佐謙司さんが営む「遊佐農場」

紹介されます。

長年会社員だった遊佐謙司さん、

40代になって始めた市民農園での

野菜づくりにハマり、趣味が高じて

脱サラして農場を開いてしまった!

180°の人生の方向転換ですね^O^

遊佐農場の野菜は、育てた野菜から

種を採り、また栽培するという

昔ながらの自然栽種で、採れた野菜は

直営店のほか、宅配サービスで

販売したり、越谷市内の飲食店でも

使われるなど、評判のようです^O^

この記事では、遊佐農場の野菜は

取り寄せ(通販)はできるかどうか?

直営店の場所、そしてオーナーの

遊佐謙司さんについてなどの情報を

調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

遊佐農場の野菜は取り寄せ(通販)できる?

遊佐農場の野菜は、関東地区限定で

通販で取り寄せが可能です↓。

遊佐農場オンラインショップ

(↑クリックでオンラインショップへ)

生鮮食料品ですから、通販のエリアが

限定されるのは致し方ないかもしれませんね。

旬の新鮮野菜が届く通販お取り寄せ、

関東エリアにお住まいの方は、

是非試してみてはいかがでしょうか^_^✨

遊佐農場の直売所の場所はどこ?

遊佐農場の野菜が直接買える、

直営店、出張販売、宅配サービスについて

まとめてみました。

直営店

遊佐農場
住 所 越谷市越ケ谷本町8-8 はかり屋内
電 話 048-940-5474(店舗直通)
営業時間 11:00〜18:00(水曜日のみ〜16:00まで)

水曜日はオーナーの遊佐謙司さん自ら

店頭に立って接客し、来店客の要望を

聞いたり、遊佐農場の取り組みを

説明したりするそうです!

遊佐農場直営店 店舗外観
(写真は食べログより引用)

遊佐農場直営店 店舗内観
(写真は食べログより引用)

直営店では、旬の野菜のほか、フルーツや

加工品(醤油、酢、ドレッシング、生はちみつ等)や

身体や環境にやさしいオーガニック石鹸や洗剤も

取り扱っているそうです✨

スポンサードリンク

出張販売

遊佐農場で採れた野菜は、出張販売も

されています!

遊佐農場 出張販売
住 所 埼玉県越谷市蒲生茜町23-2 WAnest(ワ・ネスト)内
営業時間 毎週土曜日11~14時

宅配サービス

遊佐農場の野菜の宅配サービスは

越谷市内のみ限定ですが、

無農薬で栽培した遊佐農園の

旬の野菜を、1,800円(5〜7品種)、

2,300円(7〜9品種)の2種類の

セットで宅配サービスをしています。

(いずれの金額も、配達料込)

配達日時は、毎週月、火、金、土曜日の

夕方(16〜20時位)。

また、併せて減農薬栽培のお米

1kg単位(注文は5kg以上から)で注文が

可能だそうです。

値段は、玄米460円/白米500円(1kgあたり)

申し込みは、

店舗直通電話:048-940-5474 または
メール:koshigaya@yusanoujou.com

…から、となっています。

スポンサードリンク

「人生の楽園」に出演、遊佐謙司さんについて

遊佐謙司さん
https://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

遊佐農場のオーナー、遊佐謙司さんは

1968年に埼玉県川口市で生まれ、

幼稚園から中学までは福島県で育った

そうです。

大学を卒業後はインテリアメーカーに

就職し、31歳で奥様の真弓さんとご結婚。

3人の娘さんにめぐまれ、朝早くから

夜遅くまで、忙しく仕事に励んでいらしたそう。

趣味のひとつとして始めた市民農園で

畑仕事の楽しさに開眼し、43歳の時には

栃木県の農業大学校で1年間農業の基礎を

学び、更に有機栽培農家の研修にも参加し、

会社を早期退職して、2016年に埼玉・越谷市で

就農されたそうです。

遊佐謙司さんが目指す農業は、

農薬や化学肥料を使わず、

種をまき、育てて、食べて、

収穫した野菜から種を採り、

そしてまた種をまく、循環農業。

遊佐農場の野菜は、越谷市内の

ベーカリーやレストラン、居酒屋さんでも

使われる、評判の美味しさだそうです✨

スポンサードリンク

遊佐農場について調べてみて

「人生の楽園」に出演される、遊佐謙司さんが

営む遊佐農場と、遊佐謙司さんについて

調べてみました。

「人生の楽園」に登場した、脱サラ等後、
第二の人生に農業を選ばれた方々について、
こんな記事も書いています。

私は農業はまったくドシロウトなのですが、

収穫した野菜から、また次シーズン用の

種を採る…という手法をとっている

農場は、珍しいのではないでしょうか?

遊佐農場での、丁寧な野菜づくりが垣間見える

ようですね!^_^

種まきや農作業は、娘さんたちも

お手伝いしているようです。

大好きになった農業で第二の人生、

とても素敵だなと思いました^O^

最後までお読みくださり

ありがとうございました。

Ciqua
フィング・Zucks・ISE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする